ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

遠征飯

こんにちは、自他ともに認める食いしん坊です。

ツアーや旅行でどこかに行くたびに「○○ 美味しい」で検索し、時には「○○の美味しいお店教えてくださ~~~~い!!!」と叫んで教えてもらっているので、たまには自分から美味しいもの情報発信しておこうかな…と思いました。もっとGive and TakeしましょうってNEWSも歌ってたし、教えるから今後も教えてください!!!!!!!!宜しくお願いします!!!!!!!!!!

  

 

札幌

さえらのサンドイッチ

札幌のモーニング開拓したいなと言いつつ毎回行ってしまうさえらさん。フルーツサンドが有名だけど揚げたて熱々エビカツも最高。開店前に行って並ぶのが吉。テイクアウトもあるよ。

 

夜のしげぱん

違うんですよ…シゲ担だからじゃなくて…。

夜しか開いてないパン屋さん。すすきので飲んで食べてした後につい「しげぱん行こう!!」って行ってしまう。変わった名前のぱんが並んでて見てるだけでも楽しい。ミニクロワッサンは無限に食べられるので食べすぎ注意。

 

札幌は美味しいものが無限にあるので後はググってください

 

 

仙台

味太助の牛タン

 牛タンはいっぱいお店あるよね!!!何軒か行った中で一番好きだったところ。本店は仙台駅からちょっと遠いので時間がある時にどうぞ。は~~~たべたい・・・

 

 

名古屋

 コンパルのエビフライサンド

ボリュームありすぎてボロボロ落ちて来るので食べにくいけど本当においしい。名古屋駅にあるからみんな帰りの新幹線で食べて。

 

大阪

洋食YOKOOの厚切り牛カツサンド

shin-sta.com

どうやら牛カツサンドだけでなく厚焼き玉子のサンドも美味しいらしい。これは新幹線の改札内で買える。みんな帰りの新幹線で食べて。

 

なんでこんなにサンドイッチばっかりなんだ?????

 

和歌山

居酒屋 城月 フグの白子のホイル焼き

遠征飯で一番に浮かぶ、歴代No.1と言ってもいい激ウマの一品。他にもウツボとかカメノテとか普段食べられないもの色々あってどれも美味しくて最高だったんですが、この白子だけは夢に出る美味さ。はぁ・・・たべたい・・・ 

 

 

愛媛

鯛めし

 写真はかどや宇和島鯛めし。道後温泉は最高なので愛媛遠征はみんな行った方がいい。個人的な好みとしてはホテルの夕飯で出た鯛の釜めしが優勝だった。はぁ・・・たべたい・・・

 

福岡

天麩羅処ひらお

tabelog.com

福岡のチェーンの天ぷら屋さん。食券を買ってカウンターで待っていると揚げた順に天ぷらをどんどん持ってきてくれる。「土地勘が分からないからこの中から駅から近い店を教えてくれ」と地元民に店舗一覧を見せたら「ここだと思う」と教えてくれた大名店を貼ります。天神駅すぐ。月曜に開店と同時に行っても即満席でした。ボリュームあって朝からお腹はち切れそうになった。

 

 

 

もっと色々あるだろ????!って怒られそうですが、本当に気に入ってるから逆に教えられないお店もあるのでこれで勘弁してください。(気が向いたら順次追加していきます)いつも美味しいもの情報ほんとうにありがとうございます!!!引き続きよろしくお願いします!!!!!!!

 

 

ゼロ一獲千金ゲームのオリキャラに気が狂いそうになっている話

 

「ドラマオリジナルキャラクター」という文字を見た時、真っ先に思ったのは、「叩かれる」ということだった。

今年の5月、猛烈に応援しているNEWSの加藤シゲアキさんが賭博覇王伝 零という漫画の実写ドラマで主演を務めることがわかった。そして少しずつ情報が解禁される中で、キャラクター相関図が発表され、原作にいた人物がいなくなり、原作にいなかった人物がいた。そのうちの二人が、末崎セイギと氷川ユウキだった。原作を読んだ私からすれば、どこの馬の骨ともわからないようなイケメン二人組である。自分も実写作品の「原作ファン」側だった経験からわかるのは、原作にこういった形でメスを入れられるというのは、一歩どころか数ミリでも間違えれば発狂案件である。(余談だが、例えばコードギアスルルーシュが実写化されてアラサーになっていたら間違いなく発狂していたので、加藤シゲアキの宇海零を受け入れて下さった原作ファンの皆様には頭が上がらない)

少し脱線した。つまり言いたいことは、セイギとユウキの存在について「マジで不安だった」ということである。

 

そんな私の不安をよそに7月になってドラマが始まり、二人の人物像が明らかになった。一言で言うと、嫌なやつらだった。

末崎セイギは、原作に登場する人気キャラクター・末崎さくらの弟である。(実写ではケンドーコバヤシ。キャストが発表されたとき、誰よりもハマり役だったのでめちゃくちゃ笑った)チンピラヤクザの兄貴と比べると頭が良さそうだったりまともな片鱗はあるくせに性格が歪んでいて嫌な奴だ。1話では主人公・零の義賊仲間のチカラを殺そうとした。2話では賞金1000億円が得られる”王”になるために必要なリングを暴力で他の参加者から奪っていた。さらに3話と4話では零を殺そうとした。特に4話では、問題を解かなければチームのうち一人が死ぬゲームで零を利用するだけ利用して殺そうとしていたのでマジで腹が立ってこのやろおおおおおおおおおおおと思っていた。セイギって名前のくせに全然正義感のかけらもねぇ。本当にろくでもないやつだと思った。

氷川ユウキは、原作ではカケラも要素のないどこかから降って湧いたイケメンである。1話で突然現れたかと思いきや先述のセイギと出会って早々に意気投合し、それ以降ずっとつるんでいる。1話でも2話でもセイギの悪い行いに加担していた。4話と5話ではセイギが零を殺そうとしたように、天才中学生・標を殺そうとした。その時の台詞は「僕は未来の王を暗殺したい」だし、結局殺せなかったときは標に「さっきのは嘘だよ」とかっこ悪い取り繕い方をした。セイギが正義ではないなら、「ユウキ」も勇気ではなくへなちょこ野郎なのではないか?きっとそうに違いないし、いずれ無様な負け犬姿を晒すのだろう。そう確信していた。

 

しかし今、私は8話を前にして怯えている。セイギとユウキに怯えている。嫌な奴だ嫌な奴だと思っていた二人に対して、あと一歩で狂ってしまいそうだ。一体何があったのか、5話と7話の話をしないといけない。

 

5話でセイギは、あんなに殺そうとしていた零の命を救った。ゲームの中で水責めに遭って水没し、心肺停止状態になった零を、そのまま見殺しにできたのに心臓マッサージと人工呼吸(トレンド入りしたらしい。人工呼吸)を施した。正直自分は「自担が美しく水没する」というおたく人生で一回あるかないかのシチュエーションに死ぬほど興奮していたので、その直後のセイギの心臓マッサージと人工呼吸には「???????」となった。「突然どうした!?!?」と思った。恐らくそれまでの零とのやり取りで何か心動かされるところがあったのだと思うが、割と直前まで嫌なやつだったので突然の改心に見えて驚いた。まあでも、セイギ役の間宮祥太朗さんはイケメンなので、イケメン同士のKissということで画面は美しかったし、話題になったし、良かった。大体そんな感じの感想だった。

 

5話でちょっと心改まったっぽいセイギだったが、つるんでいるユウキは依然として嫌なやつだった。5話で標の暗殺に失敗したユウキは、ターゲットを標から零に変えることにした。そのため6話から3人協力型のゲームに零、零の義賊仲間のヒロシと共にチームを組んで挑戦することとなった。しかしこのゲームはどさくさに紛れてだれか一人ないし二人を殺せるようなものではなく、死ぬときは全員死ぬような危険な、クイズ形式のゲームだった。そしてゲームの中でユウキは「自分はいつ死んでも構わない。他人の命もどうでもいい」という発言を始めた。同じころ、なぜか様子を見に来て部屋の外で待っていたセイギは、ユウキは事業に失敗して多額の借金を背負っており、賞金が手に入らなければいずれにせよ命がないので、死のうと思えばいつでも死ねるのだと兄と零の仲間に話していた。自分の命もチームの命もどうでもいいユウキは自暴自棄のままゲームに参加していた。そんなユウキに零は繰り返し「生きて帰す」ことを約束し、「次のクイズに絶対に正解するから、正解したらユウキの命を自分に預けて欲しい」と言った。そして言葉の通り次のクイズ(常人では到底正解できないような無茶苦茶な問題だった)に正解してみせた零に、ユウキは「ははっ…お前、なんか怖いよ」と呟いた。そしてゲームのラスト、一番嫌なタイミングでアンカー問題を引いたユウキは、間違えたら自分の責任で全員死ぬという場面で零の方へ向き、「任せて。解くよ」と言った。

嘘だと思った。

これまでのユウキの行いや思想を考えたらそんなことを言うキャラではない。改心したと見せかけて、していない嘘つき野郎だと思った。「君を見ていて変わった」とか陳腐すぎる。嘘だ嘘だ嘘だ。疑いのまなざしを向ける私。そして零は、あんなに「生きて帰す」ことを約束していたのに「もう終わりだ」と言い「このクイズには絶対に勝てない」と泣きながら命乞いを始めた。突然の豹変ぶりに私は「演技だな」とすぐ思ったが、ユウキは「はぁ!?」と怒った。怒ったユウキを見て、さっきの「嘘」だと思ったものは全て本心だったのだと気付かされた。「まだわからないじゃないか」と零を励まし説得を試みる姿、苛立ちながらも出された問題に「解いてやる」と真剣に答えようとする姿、これまでのユウキなら絶対にありえない。ありえないのにどう考えても「マジ」なので、「命乞いしながら泣き叫ぶ自担」というまたもおたく人生で一度あるかないかのシチュエーションなのに、それは二の次になってしまった。まさかまさかまさかこのタイミングで、その隣のユウキに転げまわることになろうとは。呆然としている間に挟まれたCMは終わり、やはりさっきの零の豹変ぶりはユウキを焦らせて不正解にするための演技で、零の計算通り3人は生きてゲームから出ることが出来た。ユウキは迎えに来ていたセイギと一緒にあっさり帰って行った。

ユウキに情緒を乱された私は、5話のセイギが気になり始めた。ユウキはあんなにはっきりと零に心動かされた瞬間がわかったのだ(明らかにあの「お前なんか怖いよ」のところである。ユウキ役の小関裕太さんの表情がとても良い)、私が何かセイギに関して見落としているのではないか。水没する自担はいったん置いておいてじっくりと5話を見直すと、やはりユウキほどはっきりと「その瞬間」はわからなかったが、一つ腑に落ちたことがあった。それは4話と5話で繰り返し登場した、末崎さくらが昔飼っていたザリガニのエピソードである。さくらは「セイギがザリガニを水槽に沈めて殺した」と主張し、セイギは「殺してない」と譲らず、平行線をたどる二人。水槽の中の零は「セイギさんを信じます」と言うが、セイギはその言葉も信じない。ゲーム中この話は何度も出てくるので「いい加減にしろよ!」と何度も思わされたが、ゲームクリア後、水没した零と零を助けようとするチンピラの兄を見ているセイギの視線で思った。セイギ視点で物語が描かれたら、ここでザリガニが死んだ日の回想が入るのではないか。このままでは死んでしまう零と、零を助けようとする兄にあの日の出来事を重ねているのではないか。何もしなければあの日の繰り返しになってしまうということが、セイギを突き動かしたのではないか。改心が唐突に見えたと言ったが、改心というより、元よりそういう心だったのを零と兄が掘り起こしたのではないか。憶測にすぎないが、自分の中のセイギ像が変わりつつあって、怖い。

 

セイギとユウキは一体なんなんだろう。セイギは正義なのか?ユウキは勇気なのか?その答えが8話でわかるのだろうか?万が一わかったとして、私は狂わずにいられるのだろうか?8話の3秒予告だけでガタガタと震えが止まらない私の元に、小関裕太さんの「8話でゼロくんのファンに怒られるかも」というような内容のツイートが流れてきた。

そ、そっかぁ〜〜〜〜!それなら狂わなくて済むかも!ああ~~~よかった~~~~!!よかった~~!!よかっ…………ん?

 

ユウキが零のファンに嫌われる展開。

すぐに思いついたのは単純にユウキが引き続き嫌な奴のままでいることだが、もう一つ、心当たりがある。原作では末崎さくらが取ったとある行動。

あれをユウキがやったとしたら。

 

……。

…………………………………。

 

 

 

ゼロ一獲千金ゲーム第8話を震えて待つ。

 

 

 

 

2018/9/3 追記

 

予想の3倍狂いました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

ゼロ 一獲千金ゲーム|日本テレビ

 

そして冒険は続く

 

2013年8月11日、コミケ帰りの私は、コミケに合わせて上京していた友人らと池袋の安い居酒屋でダラダラ飲んでいた。その時、何気なく発した「ジャニーズのコンサートに行ってみたい」という言葉にジャニオタの友人は盛り上がり、「来月NEWSのコンサートがあるから行こう」と誘ってくれた。NEWSのことはよく知らないが、イッテQの手越くんとevery.の小山くんがいた筈だ。ジャニオタの友人も、元ジャニオタの友人も、「NEWSなら絶対に楽しい」と太鼓判を押していた。日程も聞かないまま二つ返事で「行く!」と答え、詳細を聞かないままその日は終わった。「来月のNEWSのコンサート」が彼らの10周年をお祝いするためのものだと知ったのは、それから数日後だった。

 

それから5年経った2018年8月11日、私は味の素スタジアムにいた。嘘みたいな本当の話なので我ながら気持ち悪いのだが、NEWSの15周年記念ライブは「あの日」からぴったり5年後だった。以前、「YOUは何しに日本へ」でももちの卒コンに行くために来日していたオタが次の推しについて聞かれ「アイドルは探すものではなく向こうからやって来るもの」と答えていたが、本当にその通りだといつもいつも思う。運命的なものを感じてしまうぐらい、信じられないぐらいNEWSのことが大好きだ。

 

 

この5年間、すべてが良い思い出だったかというと、そうでもない。NEWSのせいで嫌な思いをしたことは一度も無いが、それ以外のところで腹立つことや苦しいことは何度かあった。特に腹が立ったのがコンサート中に後ろの人の私語がクソうるさいことで、「うるさい!!!」とキレたことは一度ならず二度、三度ある。ヒカリノシズクでぺちゃくちゃお喋りされる苛立ちを想像してくれれば、私の気持ちが少しわかると思う。

そんな感じだから、NEWSくんがいつも「NEWSのファンはマナーが良くて…」と自慢してくれるたび「ありがとう…(※ただし一部を除く)」と思っていた。でも今回味スタに入って思ったのが、ファンマナーの良し悪しはわからないけど、NEWSのファンの声のでかさは間違いなく自慢できるレベルにすごいということだ。いわゆるコール&レスポンスはもちろん、NEWSが「歌って!」と言った時の躊躇のなさは特にすごい。恥じらいなんてかなぐり捨てて、NEWSに届けるためだけに声を張り上げるファンのことは大好きだ。これはライブ映像だと伝わらないと思うので、知らない方にはいつかぜひNEWSのコンサートに来て体験して欲しいと思う。本当に、恥じらっていたら負けなのだ。

 

これまで、ジャニーズの中でもNEWSが好きだということを伝えると、相手によっては「どうして?」と聞かれることがあった。そういう人は私がモーニング娘。を好きだと伝えると「どうしてAKBじゃないの?」と聞いてくる人と大体一致するので、「どうしてNEWSなの?」には言外に「どうして(もっとメジャーなグループ)じゃないの?」という疑問が透けて見えた。そういう時は、正直何を言っても無駄だと思っている。「なんかわからないけど、NEWSが好きなんですよね」が私の常套句だ。でも、こういう場面とはまた別に、「どうして自分はNEWSのことがこんなにも好きなのか」は何度も自問自答してきた。答えは正直その時によって変わるし結論が出ないことも多々あるが、味スタ直後の「今」の答えとしては、NEWSはファンを愛していて、こちらがNEWSを愛せば愛すほど、向こうから気持ちが返って来るからだ。この感覚は、きっと体験してみないと伝わらない。NEWSからの愛はとてつもなく重くて、優しい。NEWSからの愛を浴びて、幸せ過ぎて泣いてしまうことがこの5年間で何度もあった。我ながら本当に重くてウェットなファンに育ってしまったが、そういうファンに育てたのもNEWSなのでお互い様だと思う。

 

味スタは最初から最後まで全部最高だったけど、その中でも忘れられない光景の一つが、過去のツアーの衣装を着て並んだ4人の姿だ。2015年のWhite、2016年のQUARTETTO、2017年のNEVERLAND、そして2018年のEPCOTIA。まるであの頃のNEWSが時空を超えて会いに来てくれたようで、信じられないものを見る思いだった。

2015年、White。好きになってから初めてのツアーで、1秒も早くNEWSに会いたくて初日の名古屋に飛んでいった。トロッコでメンバーが近くに来るたびにガチガチに硬直してしまい、終演後はなぜか首がものすごく痛かった。

2016年、QUARTETTO。ツアー開始直前に変ラボとNEWSな2人のレギュラー化が決まり、開始直後には24時間テレビのメインパーソナリティが決まった。幸せいっぱいの大忙しでツアーを駆け抜け、最終日の東京ドームではどうしても24時間テレビのTシャツを着たくて、発売日に電車を乗り継いでイオンへ行った。当日はNEWSのご家族様ご一行席の目の前で、NEWSを支えてくれる人たちの存在を感じてとてもあたたかな気持ちになった。

2017年、NEVERLAND。あまりにもあまりにも大好きなコンサートで、このコンサートに入るために生まれてきたのだと思うぐらい自分のための世界だと思った。ちょうど仕事が苦しい時期だったので、残業中に飲み物を買いに行っては財布の中に隠し持っていたNEVERLANDの鍵を眺め、「NEVERLANDに行きたいなぁ…」と思っていた。Mr.インポッシブルの「NEVERLANDの鍵 それはNEWSをずっと愛し続けているあなたの心です」という言葉が大好きだった。

2018年、EPCOTIA。今思い出してもゾクゾクするほど、壮大で最高に楽しい宇宙旅行だった。NEVERLANDが一つの頂ではなく、最高を更新し続けるであろうアルバムプロジェクトの始まりだったのも嬉しかった。NEWSを大好きでいる限りこのワクワクは続いていくのだと、本当に最高の人たちを好きになったと、最後にスポットライトを浴びた「W」の文字を見るたびに思っていた。

この5年間、私はNEWSと一緒に大冒険をした。そしてNEWSにとってもこの5年間は大冒険だったのだと、味スタで並んだ4人の姿を見て思った。宝物みたいな思い出ばかりくれる4人には、どうか世界一幸せでいて欲しい。取るに足らないちっぽけなファンにできることならなんでもしたいから、NEWSが「歌って」と言えば全力で歌う。よく「NEWSのファンは歌うのが好きだね」と言われるけれど、こと自分に関しては、歌うことが好きと言うよりも、歌って喜んでくれるNEWSのことが大好きなだけだ。本当にほんっとうに大好きだ。どれほどNEWSのことが好きか、伝わっているだろうか。

 

 

「ジャニーズのコンサートに行ってみたい」と呟いた一か月後、東京ドームでNEWSと出会った私は、NEWSとファンの姿を見て「羨ましい」と思った。この関係性への憧れこそが、私とNEWSの全てだ。あの日憧れた姿を目指して、これからもNEWSと私の大冒険は続いていく。

 

NEWSくん、15周年おめでとう。

大好きな4人の幸せだけを、これからもずっと 願っています。

 

 

 

*つづく*

 

お題「NEWS15周年コンサート "Strawberry" memories」 - はてなブログ

味スタ装備など結果報告 #NEWS持ち物

やっほ~~~みんな!味スタお疲れ様~~~!!!!

味スタの感想はまた今度として、実際のところどんな感じだったか結果を報告します。いつか味スタ初体験をする誰かの参考になったりならなかったりしますように。

 

NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 Strawberry 

1.天気について

8月11日(土) 気象庁|過去の気象データ検索

8月12日(日) 気象庁|過去の気象データ検索

※調布のデータが無いためURLは府中

天気予報では両日程とも夕方は雨でしたが、奇跡的に二日間とも公演中の雨は免れました。11日は公演前に強い雨と雷、12日は終演直後に雨が降り、それ以外は雲が多くぐずついた不安定な天気でした。気温は30度前後ですが、とにかく湿気が凄まじく息苦しい感じ。分厚い雲のお蔭で直射日光は、少しの合間を除いてほぼ無し。

というわけで、予報の時点で装備品は暑さ対策<雨対策で最終調整しました。

 

2.会場へのアクセスについて

味スタについて調べまくる中で飛田給駅を使うのはやばい」との前情報があったこと、デジチケで入口として案内されていたのがバックゲートだったこと、バスは直接バックゲート側に降ろされることを考慮してシャトルバスを利用しました。結果、これがウルトラファインプレーでした。なぜなら11日(土)、開演時間になってもメインゲート側は人で溢れ、2万人が入り切れておらず開演が20分押したからです。(曲を削るか、MCを削るかの2択でNEWSはMCを削りました)2日目は調布からタクシーで行きましたが、これもバスと同様にバックゲート側で下ろして貰えるため結局メインゲート側には一度も行きませんでした。タクシーは15時半ごろに乗って「ちょうど門が開いたから味スタ内で降りられます」と言われたので、もっと早い時間に乗ると違う場所で降りないといけないみたいです。

シャトルバスは複数の駅から出ていますが、バスに長時間並ぶよりはさっさとどこかの駅へ行ってそこから移動したい、と思ったので二日間とも行き帰り狛江駅のバスを利用しました。特に終演後、調布駅行きのバスは中々の列でしたが狛江行きは比較的短く10~15分ぐらいでサクッと乗れたのが精神的に楽でした。バスは駐車場で何台も待機してて、発車したら次がすぐに来ます。

道が混むので、所要時間20分と表示されていても実際は30~40分ぐらいかかりました。それでも狛江から新宿へ帰る電車はガラガラだし、選択肢としてそんなに悪くはないかなという感想です。遠いけど!

補足①12日に乗ったタクシーの運転手さんが詳しく色んな話をしてくれましたが、その中で帰り方のアドバイスがありました。「日曜の上り電車は早く終わるので気を付けた方が良い。おすすめは調布駅へ向かって歩き、途中で拾えたらタクシーを拾うこと。調布駅まで歩いても30分ぐらい。西調布は歩いたところで飛田給から乗った人たちでぎゅうぎゅうなので乗れない可能性大。調布ならまだ分散されるので調布の方が絶対に良い。運よくタクシーを拾えた場合は新宿、池袋ぐらいならそのまま乗って行ってしまうのもアリ。」

補足②11日の終演後に味スタでタクシーを待った友人はタクシーに乗ったのが22時半(終演の一時間半後)でした。

 

 

3.席について

8月11日(土)上段バックスタンド

西を向いているため雲の切れ間から綺麗な夕焼けが見えるが、その分太陽を浴びることも。演出の水も届かない、天井があり雨が降っても濡れないので水濡れ対策は必要なし。ただし天井のせいか風通しが悪くとても蒸されるので息苦しい。

8月12日(日)上段北スタンド

演出の水が届かない、天井があるという点ではバックスタンドと変わらないが当日の風向きのせいか前日と比べ蒸され度が格段に違い、風が通りぬける。

水しか持ち込めないアリーナ席と違いスタンドはかなり自由。席でかき氷を食べながら開演を待つ方もいました。

 

4.装備品結果報告

 

すごく良かったもの

1.キーンの靴

サンダルが良いのかスニーカーが良いのか情報が錯そうしていましたが、終演後のもみくちゃで足を踏まれて怪我をする、ということは一先ずありませんでした。水が来ない席だったので他は何とも言えませんが、購入した靴がめちゃくちゃよかったことは報告します。 

メーカー小売価格12,000円のところを半額ぐらいで購入(色とかは違うよ)、これなら足を踏まれても雨が降っても大丈夫!!とルンルンで出かけ、帰って来てから「すごい…全然足疲れてない…」と驚きました。今まで履いてたサンダル何だったの?修行か?味スタは行き帰り結構~~立ってないといけない時間があるので、やっぱり疲れない靴が一番じゃないかなと二日間通って思いました。

 

2.リュック

無印良品 | リュックサック 通販

別に無印じゃなくてもいいんですが、普段と比べ持っていかないといけないものが多い中で荷物をコンパクトにまとめてこれ一つ!という状態に出来たのはとても良かったなと思いました。両手が空くと楽。

 

3.保冷バッグ

私のように昼間っから遊びたいおたくを救ってくれました。午前中から遊びに出かけても開演まで2/3は氷が残っています。途中からバッグの口を開けたりして調整しました。 

 

4.冷シート

無かったら生きていけなかった

ビオレ 冷シート フローラルの香り 大判20枚入り (クールタイプ制汗シート)

公演中何回息を吹き返しただろうか。ありがとうございました。

 

5.粉アクエリ

味スタはアリーナ席の場合水以外の持ち込みができません。そのためデジチケで当日まで席がわからない私は飲み物は全て水で持って行き、スタンド席に着いたらアクエリにしました。アクエリアス美味しい。ちなみに水、アクエリ、なっちゃん伊右衛門?は味スタ価格で場内でお買い求め可能です。 

 

6.扇子

装備を雨対策>暑さ対策に振った結果ミニ扇風機は「重い」という理由で置いていきました。当然ながら扇ぐものが無いと生きていけません。

 

7.羽織るもの

水にぬれないスタンド席でも必要でした。なぜなら帰りのバスがキンッキンに冷えてて寒いから。 ほんとに死ぬかと思った。他にも打ち上げの店など冷房がきつい場所は結構あるので持ってるに越したことはないです。

 

8.小さな斜め掛けバッグ

これ割とマジでお勧めしたいんですけど、公演中にペットボトル・冷シート・塩タブレットを入れて斜め掛けしたのがすごく良かったです。席に飲み物ホルダーもありますが、しゃがんだりゴソゴソやってる時間、惜しくないですか? 視線はNEWSのまま2,3曲ごとにガンガン水分補給。いい感じでした。

 

今回は出番が無かったけど備えとして必要だったもの

1.レインコート

2.ビニール袋、ジプロック類

※特にペンライトを守る準備が忘れがちなので注意!

3.予備のタオル

4.ツバ付きの帽子(キャップ)

 

 

5.その他注意事項

味スタは電波状況が悪いぞ!!!!

デジチケが表示できない、同行者と上手く連絡が取れないなど色々ありました。(幸い私のソフトバンクは特になし?)当日はコンサート事務局側で専用のfree wi-fiも用意していましたが、使用しなかったので実際どうだったかは不明…その辺の柱とかにIDとパスワードが貼ってあったそうなので使ってみるのもありだと思います。開演が押した要因の一つとも言われているので、お気を付けください。

 

 

まとめ

正直、今回のNEWSは天候に恵まれたのでこのような結果になりました。土日ともに雲が多く日差しがほぼ無い状態だったため、これが晴れだった場合どのような備えになるのかは正直わかりません…。ただ11日に僅かな日差しが雲の間から出た時、上段バックスタンドは帽子を被っても意味のない西日の直撃を受け、「まぶしい~~!!」とサングラスをかけざるを得ない状況でした。

また、幸い私は元気なまま2日間通うことができましたが、この天気でも熱中症で具合が悪くなった方はいます。(私も開演前に外で待ってる間、ちょっと危なかった…)備えは絶対絶対大事です。でも、備えていても完全に防げるものではないことも念頭に置いて、自分や同行者、周りの人が無理しないよう気を付けるのが大事かなと思います。

 

というわけで私の初めての野外ライブ、本当に色んな方の経験に基づいた知恵をお借りして無事に!元気に!終えることができました!ありがとうございました!!

この記事もいつか味スタに思い出を作りに行く誰かのお役に立ってくれたら嬉しいなと思います。

 

 

 

 

*おしまい*

 

 

お題「#NEWS持ち物」 - はてなブログ

 

味スタ装備 #NEWS持ち物

やっほ~~~みんな!味スタの準備進んでる~~??

ちょこちょこ準備が進んできたので、お互いに参考にできたらなと思って今のところの自分の装備とか、気になることとかちょっとまとめてみました。おすすめするというよりは「私はこんなだけどみんなどう?」って気持ちです。なんか変なところあったら教えてください。初めての野外ライブ、どきどきすっぞ!

 

買ったもの

・レインコート

store.shopping.yahoo.co.jp

野外といったら雨対策!万全に!と張り切って買ってみたのがこちら。レインコート色々あるけど、自転車用を買うぞと最初から決めていたのは透明ツバと雨が入ってこない袖のため。あと今の予報だと11日はにわか雨なので、被るタイプじゃなく前が開くタイプなのが脱ぎ着できそうで良かったなと買ってから思いました。品切れが多くなってきて安いところだと柄の選択肢があんま無かった。

8/1追記

届いたのを試着してみました。意外と軽くて薄い!透明ツバ越しに見る景色はぼやけてるのでEPCOTIAキャップをかぶって視界を確保(良好!)。こうなると透明ツバにこだわる必要は無かったかなーと思うんですがキャップの上から更にフードを被った時に左右の視界が広いので閉塞感がなく、まあ良かったかなと思いました。

 

・保冷バッグ 

サーモス 保冷ランチバッグ 4L ミッフィー RDU-0043B MFY

サーモス 保冷ランチバッグ 4L ミッフィー RDU-0043B MFY

 

 連番する友達と共用にするので大きめの4リットル。500mlのペットボトル5本入るサイズ。友達は遠征組なので、当日は私が凍らせた水のペットボトルを用意する予定。ただ、凍ってて飲みたいのに飲めない!という事態も予想できるので、完全に凍らせたのを2本、半分凍らせたのを2本、凍ってないのを1本かな。どうでしょうか。

 

・携帯扇風機 

いや扇風機とかいらないっしょ、扇子で十分…と思っていたんですが意外と扇子ってイマイチだなと昨日使って思ったので購入。いっぱい種類あり過ぎて訳わかんなかったのでBLUEのMVでNEWSが使っていた型にしました。Amazonで1,999円、それぐらいの仕事はしてくれると信じて。そんなに長く使うつもりは無い(入場~開演までがメイン)ので稼働時間とかは見てないです。 

 

7/28 届いたので追記

 

 

 ・冷シート 

ビオレ 冷シート 無香性 大判20枚入り (クールタイプ制汗シート)

ビオレ 冷シート 無香性 大判20枚入り (クールタイプ制汗シート)

 

リサさんがおすすめしてたので購入!これと扇風機で開演まで乗り切る。

 

7/28追加購入

・虫よけ 

スキンガード 虫除け・忌避用品 スキンガードアクア ミストタイプ 50ml

スキンガード 虫除け・忌避用品 スキンガードアクア ミストタイプ 50ml

 

アリーナ席だと虫除けが必要と教えて頂いたので薬局でこれを購入。小さくて安い。ミストタイプなので白くならない、噴出して周りの迷惑にもならない。匂いは虫よけの匂い。(塗ったところをクンクン嗅いでわかる程度)べたつきは無いです。

 

8/1追記

・氷スプレー

白元 アイスノン 瞬間氷スプレー 57mL

炎暑予報にチキった。

リプライで教えてもらったどこでもアイスノンの後続商品だと思われる。

ヨドバシなら500円で買えて送料無料、そんなにかさばるものでもないので…晴れてたら持って行きます。

 

・リュック

www.muji.net

数か月前にフォロワーさんがおすすめしてて、来年の遠征前に欲しいな~と思ってたのを前倒しで購入。シンプルなデザインなのでワッペン(購入はAmazon)をワンポイントに貼ったらめちゃくちゃ可愛い世界に一つだけのリュックになった!

元からはっ水効果は多少あり、うちわはギリッギリ入るサイズ(心配な人は別にした方がいいかも)(私は突っ込みます)。PCポケットにうちわ入るかな?と思ったけどそれは出来なかった。余談ですが「軽く感じる」ということでディズニーオタク方面で今話題っぽいですね。なるほど。 

 

・粉末アクエリアス

一袋95円。スタンド席だったら水をアクエリにします。最近品切れも多いらしい。

 

 

持ってくもの(持ってる)

・防水の双眼鏡 

Nikon 双眼鏡 スポーツスターEX 8×25D ダハプリズム式 8倍25口径 SPEX8X

防振双眼鏡は今回は留守番させます。防振は水濡れはもちろん湿気にもとっても弱いので……。ちょうどいいことに防振を買う前に一瞬だけ使ってた子が防水だったので味スタデビューさせることにしました。頼むよ!

 

・大きいゴミ袋

・ジプロック

雨避け。降ってなくても携帯電話とかは急な雨に備えてあらかじめジプロックINした方が良いよね。

 

・タオル

今回のグッズのタオル(きっとあるよね?)とはまた別にもう1枚。EPCOTIAかQUARTETTOか、気分で決めます。これも雨に濡れた時用なのであらかじめ袋にINした状態で持参予定。

7/30追記 グッズのタオル以外にもう1枚どうでもいいタオルを何かあった時用に持って行くことにしました

 

7/30追記

・カーデガン

野外経験者で「持ってった方が良い!!」と熱くおっしゃる方が多いので持ってった方が良いんだなと思いました(初心者)。特に「雨降った時に地肌にレインコートは気持ち悪い」に「確かに!!(よみがえるチャリ通の記憶)」しました。濡れたまま日が暮れると寒い、終わった後の冷房つらい、などなど…なるほど…。パーカーはフード部分がかさばるからカーデにします。

 

経口補水液

母がOS-1の200mlのペットボトルを箱買いして常備してあるので一本くすねていきます。お守り代わり。暑さ慣れてないからマジで熱中症怖いよぅ…。

 

 

持ってくもの(これから買う)

・塩タブレット的なもの

梅味かレモン味で探したい。すっぱいもの大好き。 

7/30追記 家にあったスポドリ味を持って行くことになりました笑

  

 

持ってくか迷って今のところやめようと思っているもの

・冷えピタ

馴染みがないのと、気付くと地面に落ちてると聞いて。

 

・着替え

レインコートがあるので。

 

・日よけを兼ねて羽織るもの

冷感カーデガンをすっごい迷ったんだけど。日除けはタオルでいいかな?と。

 

 

・服にかけるひんやりスプレー、濡れると冷たいタオル

大昔に夏コミとフェスで使ったけどいらなかったなと思った。冷たいタオルはぬるくなると地獄なので首冷やしたいとかなら冷えピタの方が遥かにマシ。塗ると冷えるジェル?は良かった!

  

 

その他

・服装

具合悪くなるのが一番怖いのでとにかく過ごしやすいものを!と思って涼しそうなワンピースを購入。浴衣は日頃から着慣れてる人以外はやめた方が良いんじゃないかな~~~と個人的には思います。私は絶対具合悪くなっちゃうから無理…。リスクは最小限に。救護室から15周年とか絶対無理。

 

・足元について

スニーカー派、サンダル派、いろいろと意見割れてて悩みどころ。底の厚さ(地面から伝わる熱対策)が共通して大事っぽい。履き慣れたサンダルかな~~~。

 

・椅子が熱いらしい

これもタオル…? わざわざクッションはちょっと持っていきたくないなぁという気持ち。どうしよう。

 

・その他小物など

日傘、日焼け止め、携帯バッテリー、EPCOTIAキャップ、サングラス

 

 

 

ところでグッズはプレ販がある前提で生きてるけど、ある…よね…? グッズは前日に買い終わってる前提の装備なので、無かった場合もう少し変わるかもしれない。また増えたり減ったりしたら随時修正します。

みんなで味スタで最高の思い出作るぞー!えいえいおー!!

 

 

 

追記

リプライで教えて頂いた情報を順次追加していきます。

 

 

 

・携帯座布団 

キャンパーズコレクション どこでもマルチクッション ネイビー DMC-33

キャンパーズコレクション どこでもマルチクッション ネイビー DMC-33

 

椅子の熱さ対策。100均でもあるらしい。↑も300円弱なのでお値段的には余裕、あとは荷物量と相談…。 様子見中。

 

 

 

参考リンク

colorful | 野外ライブ・屋外イベント携行品私的リスト

味スタ用ではないけど野外経験者のフォロワーさんが書いてくれました。フード付きタオルめちゃくちゃ欲しい!!!NEWSがグッズで用意してる可能性考えてグッズ発表を待ちます。

 お題「#NEWS持ち物」

まろまゆさんがお題にしてくれました!ありがとうございます!

 

ゼロ 一獲千金ゲーム感想置き場

前置きとかいらないよね。加藤シゲアキさん!!!連ドラ主演!!!おめでとう!!!!!

 

www.ntv.co.jp

 

 

2018年7月15日放送 第1話

【全体の感想】

期待以上に面白い!!!!大まかな流れは原作に忠実で(仲間奪還は原作より上手くいったね!)、オリジナルキャラ*1の味付けもうまい。女体化枠*2小池栄子を持ってきたの天才か???????最高過ぎでは???セイギとユウキがいい味出し過ぎててこれは人気キャラ待ったなし。特にユウキ登場時のTLのざわつき(顔がいい…)は間違いない。物腰柔らか腹黒イケメンとか…怖…原作にいない分どう動くのかわからなくてドキドキする。

30分拡大の影響か鉄球サークルのところが間延びしてテンポ悪かったのが気になるけど、それ以外は引っかかるところもなし。っていうか音楽がドドドドド最高過ぎてリアタイ時に良いヘッドフォン出しといて本当に良かった。テンポの悪さも音楽が補ってた。音楽がいい作品は信頼できる。

【零くんの感想】

かお…かわ…かおかっわいい…。顔の可愛さにいちいち言及してたら何も進まないのに顔が可愛い…。ほんっとうに顔が可愛い…。可愛い顔でのんびり喋りで小学生にもなめられてるのに懐中電灯で車の窓を破り、ヤクザを脅して勝ち、1000億円を「迎撃ミサイル一機分」と言い、更に頭の中はキレッキレなんだからそりゃサイコパスとも言われますわ…(最高)。ノーセットみたいなふあっふあの坊ちゃんカットの髪(絶対床屋さんでは「おまかせで」だよね!)とサンダルでぽてぽて歩くところが本当にかわいいのでサンダルがご臨終してしまったのはとても悲しい。でもドリキンは過酷な場所だからな、サンダルじゃ戦えないよな…。チカラ氏が調達してきた靴が奇跡的に零くんの服装ぴったりの可愛いお靴で良かった。ありがとう。ちなみに今回一番好きなシーンは鉄球が落ちてきた後、首筋に汗が滲む体育座りです。

【Hulu限定配信スピンオフ 山口カズヤの場合】

やばい…ドラマから入った人に絶対変ラボの水泳回見せられない…。

冗談はさておき、この33分のスピンオフがあまりにも良すぎて「なんで主演はスピンオフが無いの!?」と訳の分からないことをわめいてしまう。なんて贅沢な作品なんだろう…ゼロ一獲千金ゲーム、NEWSの宝…。

増田さん演じたカズヤは性格が歪んでるけど、その歪みも後天性というか実際の性質は生真面目でひたむきな努力家という点に集約されるんだろうな…というのがなんとも切ない。零くんはなんでアンカー譲ったの?っていうか学年1位の成績で水泳部のエースで加藤シゲアキの顔なのに何をどうしたらうだつの上がらない予備校講師になれるの???????すごくない??????????そりゃカズヤもおかしくなってしまうわ…。2人がドリキンで出会ったらどうなってしまうの~~楽しみ~~!!

 

やばい。楽しすぎて思ったより長くなってしまった。2話から短くなっても許してね。ではでは!

 

 

2018年7月22日放送 第2話

【全体の感想】

いや…もう…感想あり過ぎるじゃん…!?マジで期待以上のドラマで、初GP帯主演でこんなに…ねえ…いいの…!?ありがとうございますありがとうございます。

ドラマは原作と比べ「人間ドラマ」の比重を増やしていて、そのためのキャラ付け変更やオリキャラの投入があるわけだけど、これがマジで上手い。セイギとユウキの頭脳派外道っぷり最高。セイギが名に反して悪であるようにユウキが勇気のないチキン野郎だったらと思うとニヤニヤしちゃう。その片鱗が1話時点であるからなおさら期待。最後は無様に逃げ出さないかな~~~!!あと義賊組が可愛くてたまらんのだけど、スナオが隠し持ってたリングが今後どうなるのかもすごく気になる。ヒロシが捕まっちゃって大変な目に遭ったけど、義賊組で助けに行くところ胸熱だった~!YouTuberはいずれ裏切るに100円。

クォータージャンプは今週で終わるかなと思ったけど確かにカズヤとの再会~VSヒロシ(偽)をやった上で飛ぶまでいくにはまた30分追加しないとできない。来週への引きが上手いから良かった。あとはテンポがもう一声!

【零くんの感想】

顔…………!

原作既読なのでクォータージャンプの目隠しがフルフェイスマスクになってるのを予告で見て「ゲーム中顔見えないじゃん~~!!」と思ってたら逆だった。顔の圧がすごいんじゃ…。

正直今は今週の零くんというよりも予告で見た零くんに情緒をめちゃくちゃにされていてそっちのことばっかり考えてしまう。だってさ~~~~~~~~あの零くんが涙をこぼしながら「あの頃みたいにまた一緒に泳ごうよ」って…もう…無理…心臓張り裂ける…。どういう経緯でその言葉に至るの…本当に辛い…。このクソみたいなゲームが終わったらまた一緒に泳ぐんだよ…。

そういえばHuluでは無かった零くんの水泳シーンがあったけどちょっと~~~~~~~~~~~かっこよすぎません~~~~~~~~~~~~~!?!?零くんが共学だったらどちゃめちゃにモテすぎて何もしてないのに刺されてたかもしれないから男子校で良かった。集合写真でカズヤとは違う方向で浮いててすごかった。顔…。

【零くんとカズヤ】

Huluのスピンオフでカズヤが零に逆恨みしていることはわかっていたけど、新たに出てきたあの集合写真の物語る力、マジですごくないですか。あの一枚でわかっちゃうじゃないですか。学校での宇海零と山口カズヤがどんな存在だったのか、そして山口カズヤにとって宇海零がどんな存在だったのか。見た瞬間「うわ…」って言ってしまった。カズヤが零に執着する理由、しんどすぎる。めちゃくちゃ好きなやつですありがとうございました。

リレーのアンカーの件で零くん視点の回想が欲しすぎる。来週挟まれるかな?内容次第で確実に死んでしまうやつなのでとても楽しみです。

 

2018年7月29日放送 第3話

「もう3話だなんて…もうすぐ終わっちゃう…」とめそめそしてたら「早いよ!?!?!」と言われた。ゼロ一獲千金ゲームが始まってから一週間が3秒ぐらいしかなくて怖い。

【カズヤと零】

っあ~~~~~も~~~~~~そういうところだよ零くん~~~!!!とじたばた暴れるしかなかった。靴ひもを踏んで「青天の霹靂」と思った零くん、カズヤを信じて飛ぶつもりだった零くん。あの零くんがどうやってカズヤの方へ飛ばない決断をするのか予告で気になっていたけど、まさか…あんな形でカズヤの裏切りが「わかってしまった」からだなんて…しかもその後もカズヤは1000億円に目が眩んだせいだと思ってるのがほんっとうにおめでたくて涙が止まらないよ。零くんはカズヤのどんな言葉よりも「俺たち友達だろう」と高校時代の思い出を信じてる。友達が自分に殺意を向けてるなんて発想が無い。アンカーを譲った件について零視点がないからわからない部分はあるけど、零くんがあの時「一緒に泳げなくてごめんな、カズヤ」と言ったこと、「生きてここを出たらまた一緒に泳ごうよ あの頃みたいに」と言ったことを考えると零くんは…カズヤと一緒に泳ぐことが…本当に楽しくて…大好きだったのでは…?しんどい!!!!!

カズヤが呟いた「生きろ」は「うん」と同義だと思うので、私は二人に希望を見てます。また一緒に泳げるよ…。

【全体の感想】

原作に忠実なやばいアイテム(鏡とマジックアーム)のお陰でクソジジイのクソジジイ感が増し増しで最高だった。セイギの小物感と後藤峰子様のクソむかつく煽りも最高。原作未読組が鏡登場で「えーーーー!!!」ってなってるのが可愛かった。なるよね。セーフエリアに跳んだ後のVS在全がかっこよすぎた。「怒り」という感情で人間臭くなってる零くん最高だよ。

スナオ氏が隠し持ってるリングが今後不穏な展開に行っちゃったらどうしよう…と思っていたけどスナオ氏が思っていた以上に素直ないい子だったので良い話になって良かった。っていうか!!今まで金魚のふんで全然自分で何かを決めることができなかったスナオ氏が!!チカラ氏に逆らってリングを零くんに見せたの!!!超胸熱では!?!?義賊かわいいよーエーンエン 

【次回予告】

零くんが水槽に!?!?!!

うわああうわあああそう来たか!!!!!!やばい!!!!!!!!俄然楽しみ!!!!!!!

 

2018年8月5日放送 第4話

おいこらセイギ

【全体の感想】

セイギにムカつく!キィーーーー!!!してたら4話が終わった。あいつ…ちょっと顔が良いからって調子に乗りやがって…!!零くんに代わって解いてくれるんじゃないかと期待したこっちがバカだった!!「25分過ぎたら正解を送信してやるよ」でムキーーー!!!!しながらクッションをボコボコ殴った。それはそれとして、間宮くんはトリガールで見てから好きな役者さんなので好きです。みんなトリガール見よう。

チームをシャッフルして三角の部屋に挑戦、ばらばらにしたことによって余計にキャラクターの「個」が見えて面白かった。ユウキが…ヒントを標から隠そうとしたの…見た…!?!?あいつは悪いぜ!!!あと、「自分のことイケメンだと思ってるんですか」って言われたスナオ氏が「えへへ~」って照れてるときにTLが「スナオ氏かわいい~♡」「イケメンだね~♡」って甘々だったのが面白かった。みんな顔が良い男に甘い。(特大ブーメラン)あと在全が映ってるときみんな猫しか見てない。

【零くんの感想】

まさかあの水責め装置に零くんが入るなんて…。後ろ手に拘束されるところがあまりにも……で転げまわった。どうもありがとうございました。天才勝負師にも関わらずそこでまさかの「1」を出してしまう零くん、愛しいが過ぎるよ…。あと顔が可愛い…。それにしてもこの三角の部屋、零くんが外にいたら2話に跨ぐほど時間かからないのでは???ほんとにもう末崎兄弟しっかりしてくれよぉ!!でも零くんが水没するところもそれはそれで見たいからよぉ!来週よろしくな!!

【次回】

予告では見せなかったのに、翌朝!目が覚めたら!城山小太郎役に手越祐也ーーーーギャーーーー!!!原作既読組の中で予想はされてたけど、いざ来ると…この小太郎ちゃん…圧倒的に顔が可愛すぎる…!!あまりにも王子様!!!てごちゃん効果で原作の小太郎botがNEWSファンからすごい話しかけられてて面白かった。良かったね小太郎ちゃん…。来週は新ゲーム突入!てごちゃん登場!スピンオフ!配信!でもその日はーーー味スタだーーー!!!来週だけはリアタイできません。宜しくお願いします。

 

2018年8月12日放送 第5話

 

ありがとうございました

【全体の感想】

ほんっとうにユウキの邪悪さがすっごい好きですっごい好きで私が小関くんのファンだったら夜も眠れないんじゃなかろうか。立てこもりは割と早い段階から予想してたのでいざ来た時はヨッシャーーー!!!という気持ちでした。でも標様が助かったとたん「あれは冗談だからね」って言うのダサすぎて泣ける。スナオ氏がユウキに反抗してタブレット奪い返しに行ったところ泣ける。標様とスナオ氏、きっといいお兄ちゃんと弟の関係になれるよ…。単に先に解くだけなら標様が先だと思ったのでこういう風になるのか…めっちゃおもろ!!!!と思いました。原作は全然違うから原作も原作で読んで欲しいな。

【零くんの感想】

夢に見た…水没…

圧倒的…感謝…

零くんがあの装置に入ると知った瞬間からめちゃくちゃ期待していたんですが期待以上で本当になんというかありがとうございました。世界で一番美しいハーバリウム(フォロワーさん命名)だよ…。撮影危ないよね。生きてて良かった。

ハーバリウムだけで充分胸いっぱいで安らかに眠れそうだったところまさかのセイギによる心肺蘇生で飛び起きました。原作では無かった人工呼吸あるし…トレンド入りしてるし…私が味スタ終わって居酒屋で「にゅうすだいすき」ってメソメソしてる間に世界は何を…!? セイギとんでもないツンデレだな。零くんの命を救ってくれてありがとう。

 

 

 

 

 

賭博覇王伝 零 1

賭博覇王伝 零 1

 

 

www.googleadservices.com

*1:ほぼ全員だけど()

*2:福本作品の実写ではあるあるらしい

20日間

突然だが、私は「小山会*1」の一員である。

小山会は、一年ぐらい前にふんわりと始まった、小山さんが大好きな人の集まりである。自分は発端人ではないのでどういう経緯で始まったかもちょっとあいまいなのだが、とにかくこの小山会は小山さんのことが好きなNEWSファンの集まりである。小山担だらけなんでしょ?と思われるかもしれないが、実際のところ小山担はいない。まれに参加してくださることもあるが、スペシャルゲスト扱いである。小山担は小山さんの正室なのだから、当然である。

小山会は発足もふんわりとしていれば活動内容もふんわりとしている。なんとなく集まりたいと思った誰かが声をかけて、日を決めて集まれる人で集まる。集まったら出前を取ったりなんかしながらNEWSを見る。みんなNEWSが大好きなので、見ていると自然と「脚が長い!」「顔が可愛い!」「天才!」と声がかかる。小山会といっても特に何かを制限しているわけではないので、誰が映っても褒め殺しは続く。とはいっても小山会なので、小山さんに対する「脚が長い!」が一番多い。本当に脚が長いのである。

小山会のメンバーは、基本的に変だ。一番変だな、と思ったのが正月の集まりで「にゅすほめかるた」というNEWSをほめるだけのかるたを作った時である。実際に出来上がったものについてはリサさんがまとめてくださっているが、とにかくクオリティが高い。クオリティを追求しすぎて丸一日かかったが、出来上がったものにはジーンと感動した。事前に担当文字しか割り振っていなかったのに、個人をほめた札もきれいに4人が均等の数だったのもなんだか嬉しかった。出来上がったかるたで遊んでいる最中、テレビの画面ではNEWSが10周年を迎えた挨拶を涙ながらにしていた。みんなかるたに夢中だったので「NEWSごめん!!」と謝りながらバンバンかるた札を取っていた。いくらNEWSが湿っぽくても、ファンはお構いなしに元気なのである。

 

 

去る6月上旬、突然地獄に突き落とされたような出来事があった。折しもそれは、小山会(スペシャルゲストを含む!)が予定されていた僅か3日前の出来事だった。どうしよう、小山会いけないかもしれない。いや、こんな時だからこそ集まるべきだ。情緒がジェットコースターだったので迷いもあったが、「こんな時だから」が勝った。今思うと、迷う必要なんてなかった。だってこれは「小山会」なのだ。

 

人生にはいろんな偶然やめぐりあわせがあるけれど、この日の小山会も、そんな出来事の一つだった。何度も言うようにこの日は事前に何か月も前から決まっていた日程で(小山会メンバーは忙しい。NEWSのツアーがあったから。)、そのおかげでメンバー全員が一日中集まれた。家にあったはがきや急遽買ってきたはがきをたくさん持ち寄って、筆記用具も持ち寄って、あて先をまとめた資料を準備して。いつものように出前を取ってNEWSの映像を流して(この日は走魂だった)、NEWSを見て笑ってNEWSを褒めてまた笑いながら、死に物狂いで関係各所へはがきを書いた。変な人たちの集まりなので変なはがきも出来上がった。それを見てまたたくさん笑った。地獄をさまよった20日間で、この日が一番元気だった。帰り際、みんな口々に「こんなに笑う日になると思わなかった」と言っていた。翌日以降はまた情緒のジェットコースターにめちゃめちゃに振り回されたりしたが、それでもこの日の記憶がずっと支えになっていた。

 

そういえば前回のばかばかブログで「泣きながらずっとLINEしていた」と書いたが、そのLINEでめちゃめちゃな情緒を共有してくれた友人しかり、この小山会しかり、私が「もう無理会いたい」とお願いして会ってくれた友人もしかり。メンタルよわよわおぼろ豆腐の私をなんとか立たせてくれたのはNEWSを大好きな人たちだった。この20日間でツイッターなんて無くなってしまえと何度も何度も思ったが、ツイッターがなかったらみんなと出会えなかったことを思うと、なんとも言えなかった。インターネットは大体肥溜め*2だが、それでもこの場所を悪くないと思えるのは、こういう出会いを重ねてきたからだ。たぶん、もう15年ぐらいになる。そういえば15年前にインターネットで出会った友人たちも、今回の件で私にとても優しかった。御礼にいつかNEWSに連れて行きたいのに、チケットがないからいつまでたっても「いつか」が来ない。私が大好きな人たちに、私が大好きな人たちを見て欲しいんだけどなぁ。味スタが3倍ぐらいの大きさになってくれればよかった。

 

 

さて、地獄に落とされて20日目の一昨日は、NEWSのシングル「BLUE」の発売日だった。NEWSはシングルリリースが年に2回あれば良い方みたいなグループなので、一昨日は2018年の2枚目のシングルということでほんっとうに嬉しかった。ただ嬉しいだけではいられないので、爆速で仕事をして定時で上がって、渋谷のCDショップを駆けずり回ってBLUEを買った。はがきを100枚買ったときはおまけでいろいろ貰えたが、CDは何枚買っても特典のシールしかつかない(シールって!)。レジが混みすぎ問題で思うように買えなかったが、駆けずり回る中でBLUEを購入する人をたくさん見て、試聴機で熱心に聴いているサラリーマンを見て、同じようにBLUEを手にレジを周回する女の子を見た。店員さんが優しくしてくれたことも嬉しかった。良い風が吹いているかもしれないと感じながら掻き集めたCDを持って帰りの電車に乗って、そこで小山さん復帰の報せを知った。帰宅した頃にはシゲアキのクラウドが更新され、寝る前にはwebのNEWSの連載4つ全てに「NEW」のマークが付いていた。心配かけたことへの謝罪には「ほんとだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と思った。本当に、もう、めちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃ心配だった。でもさ、こうして4人で帰ってきてくれたから、もうなんでもいいよ。それぐらい大好きなんだって嫌ってほど思い知った。心ない言葉でどんなに傷付いても、NEWSが大好きという気持ちには傷一つ付かなかった。今もピッカピカで一点の曇りなく、NEWSのことが大好きだよ。多少曇ったとしてもまた磨けばいいし。 

 

 

f:id:shikishaa:20180628113818j:plain


小山さんの復帰を祝うため、昨日は臨時の小山会だった。お祝いならケーキだ!と短絡的な私はデパ地下でケーキを買ってから会場へ向かった。6人から4人になった時に「イチゴのないショートケーキ」と言われたことをコヤシゲの2人はずっっっっと引きずっているので、まったくもう!!!と思ってフルーツ盛り盛りのショートケーキを探し回った。プレートには「慶ちゃんおかえりなさい」と書いてもらうつもりだったが、土壇場で「大好き」と入れたくなったので入れてもらった。「慶」の字は潰れてしまうのでひらがなになったのが仕方ないけど少し残念だった。 でも出来上がったプレートには大満足だったので「だいすきは漢字にしますか?」と細かく確認してくれた店員さんにも感謝だった。

NEWSは、イチゴのないショートケーキなんかじゃない。もう100回ぐらい言ってるのに、あの人たち(特にシゲの人)は全然聞いてくれない。すぐ「僕なんか」って言うし、きっと今回の件も向こう100年ぐらい引きずるつもりだ。わかったわかった、君たちがそのつもりならそれでいい。100回言ったら100回「そんなことないよ!!!!!」って叫ばせて頂く、それだけだ。そのために私はファンなのかもしれない。NEWSを応援していると、なぜか私の中のスポ根魂が目覚める。

 

 

5月20日にEPCOTIAツアーが終わった時、あまりの喪失感と迫りくる6月への絶望感(私の仕事は6月が山なので毎年憂鬱になる)に、このままドラマが始まる7月まで気絶したいなぁと思った。そして実際、気絶していればよかったなぁと思うような6月だった。でも終わりよければ全て良しだし、なんかわからない「やりきった」感がある。「勝った!」とも思っている。ほんっとうにもう二度とこんな日々はごめんだし、っていうかまだevery.にも戻れてないし、まだまだ何もかも途中なんだけど。でもいつまでもあのばかばかブログをトップに置いとくのも嫌だし、なんとなくこの20日間について書くことでいったん区切りをつけたいと思った。今回は最後に、昨日私が「見たい!」と頼んで小山会で見た、2016年の24時間テレビでNEWSが盲学校・聾学校の生徒さんたちと一緒に踊った「よさこい」パフォーマンスの歌詞を貼ってこの記事を終わりたい。

 

 

 負けたくない強い想いだけで

この壁を超えてみせる

無理だと人は言うけれど

これが私の生きる道だと胸を張って

愛をつないで

 

 

 

 

*おしまい*

 

 

BLUE(通常盤)

BLUE(通常盤)

 

 

*1:正式名称「小山さんを讃える会

*2:最たるものがヤフコメ