ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

RIJ2019 - aurora ark ひたちなか公演

 

夕暮れのグラスステージ、トリの一つ前だったあいみょんが終わるとGRASS STAGEの空気が少し変わった。この後GRASS STAGEは非常に混雑するという旨のアナウンスが繰り返し流れる。そしてその言葉通り、敢えて選んだスタンディングエリアの最後方までいっぱいになるほど大勢の人が集まっていた。道理で東京ドームも全然当たらないわけだなぁ。6万人規模のGRASSが満員になるのを目の当たりにして、改めてその動員力に舌を巻く。夜が近づいた分ひたちなかの風は涼しく、夕焼けは雲の向こうに隠れていた。いわゆるマジックアワーの野外ステージでBUMP OF CHICKENを聴く。今になって思えば、それは10年前からの夢だった。

 

f:id:shikishaa:20190816191248j:image


ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019
18:05~GRASS STAGE

BUMP OF CHICKENセットリスト
00.aurora arc
01.Aurora
02.虹を待つ人
03.天体観測
04.月虹
05.車輪の唄
06.記念写真
07.話がしたいよ
08.リボン
09.望遠のマーチ
10.ray
11.新世界
12.流れ星の正体
enc1.カルマ
enc2.ガラスのブルース


新アルバムaurora arcを引っ提げたツアー中のBUMPは、ロッキンの演出とセットリストもツアーから引っ張ってきているようだった。まだ自分はツアーに入っていないので詳細はわからないが、開始の18:05を迎えて全てのビジョンにオーロラの映像が流れ始めた時、あまりの美しさに見惚れた。overtureのaurura arcに乗せてオーロラが波打ち、最後にツアーロゴが真ん中のビジョンに映し出される。aurora arkひたちなか公演の始まりだった。
アルバム収録曲を中心にセットリストは進んだが、その全てが私にとっては「聴きたかった曲」だった。去年のさいたまスーパーアリーナに行ったときは半分が「知らない曲」だったが、そこから10年のブランクを埋めるべく聴き込んだので全ての曲を知っていた。特に聴きたかったのはアルバムで一番気に入った「月虹」と野外で聴くことに憧れていた「ray」で、この二つが来た時はわっと気持ちが昂った。「新世界」では明るい曲調と映像に合わせて藤くんがぴょこぴょこ移動しながらハンドマイクで歌うので、藤原基央(40)の世界ってとんでもないな…と愕然とした。そして野外の醍醐味と言えば天候が演出の一部となることだが、『嵐の中をここまで来たんだ』と繰り返す「リボン」の間は今にも降り出しそうなほど不穏な雲行きだったのが、次の「望遠のマーチ」では雲が流され夜空が見えていたことには驚いた。一番響いたのは本編最後の「流れ星の正体」で、潮の混じった風の匂いとともに忘れられない記憶になった。
BUMPの楽曲は全て素晴らしかったが、ロッキンの思い出をより一層大切で特別なものにしたのが藤くんの言葉だった。アンコール後も一人ステージに残った藤くんは、集まった6万人の一人一人へ向けて語りかけた。これだけ大勢の人が集まるおかげでROCK IN JAPANというフェスは20年続いたが、『大勢の人』というのは一人一人が集まったおかげでそうなるということ。今日ステージに立った全てのアーティストへ向けた拍手を求め、ロッキンへ足を運んだ自分自身にも拍手して欲しいと頼んだ。そしてこのステージがあるのもみんなのお陰だと言ってROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019の文字を見上げ、「2019年か。すごいなぁ。30年も40年も続くといいなぁ」と独り言のように呟いた。私自身10年ぶり2度目のロッキンだったので、この「2019年かぁ」に大きな感情が押し寄せた。本当に、まさか2019年にモーニング娘。とBUMPを目当てにまたロッキンに来るなんて。「今日一日楽しかっただろう?」という藤くんの言葉で泣いてしまうほど、朝から晩まで全てが楽しかった。

タイムテーブルが発表されたとき、GRASSのトップバッターがモーニング娘。、トリがBUMPと知って「絶対に行かなきゃ」と思ったこと。交通手段や持ち物、美味しいごはんを経験者に聞いたり調べまくったこと。毎日天気予報をチェックしていたら、雨予報が次第に晴れになったこと。準備した雨具が無駄になったこと。前日から水戸入りして、早朝から開場を待ったこと。MYスプーンを持参した念願のまるごとメロンクリームソーダ。最高で最強だったモーニング娘。'19。足首を日差しに焼かれながら聴いたリトグリ、友達のテントでゴロゴロしながら聴いたユニゾン。10年前は会えなかった、念願のBUMP。日常から少し足を延ばしただけで、こんなに素晴らしい場所があった。本当に本当に来て良かった。人生で最高の一日になった。

 

 

f:id:shikishaa:20190816191710j:image

 


全てが終わって東京へ帰るバスの中、隣のおじさんがめちゃくちゃ汗臭くて辛かったが、「足を踏まれたとか友達と喧嘩したとか、悪いこともちょっとはあったかもしれないけど…」と予防線を張っていた藤くんのことを思い出すと笑えた。最後にちょっと嫌なこともあったけど、最高の一日に変わりはなかった。

 

 

 

【ライブレポート】BUMP OF CHICKENが『天体観測』や『カルマ』含む15曲を披露!圧巻のステージを見せる!<ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019> | WWSチャンネル

 

ROCK IN JAPAN 2019でモーニング娘。'19と「見たことのない景色」を見た

 

 

頭上を覆っていた重たい雲が途切れ、晴れ間がのぞいた。直射日光が熱い。ハロプロではお馴染みの電子音の出囃子でモーニング娘。がステージへ登場する。歓声、「みかん」のイントロ。飛び跳ねてこぶしを突き上げて間もなく、ビジョンに映し出された景色に悲鳴を上げた。会場を埋め尽くした見渡す限りの観衆。夢に見た「GRASS STAGEの景色」があった。夢に見たGRASS STAGEの景色を、モーニング娘。と一緒に見ていた。

 

rijfes.jp

 

発表されたタイムテーブルを何の気なしに開いて、GRASSの枠にモーニング娘。の名前を見つけた時の驚きは未だ鮮明に覚えている。昨年初出場で1万人規模のLAKEを入場規制にしたことは知っていた。しかし2年目でいきなり最大規模のGRASSを任されるとは、それほどに高く評価されていたとはまさか夢にも思わなかった。"いつか来て欲しかった未来"が僅か一年でやってきて、「行かなきゃ」という一心でチケットの最終先行に滑り込んだ。この「行かなきゃ」は申し込んだ当初は「GRASSに立つモーニング娘。を見なきゃ」だったが、"その日"が近づいて実感が湧くにつれ、次第に不安が生まれ始めた。特に不安が爆発したのはロッキン前半初日のゆずさんの映像を見た時で、同じ朝イチのGRASSでこんなに人が集まっているのかと、果たしてモーニング娘。はどうなるのかと一気に怖くなった。最大6万人入るGRASS STAGEは、裏を返せばそれなりに人がいないとガラガラに見える。「モーニング娘。に最高の景色を見せられる」と喜んでいたし彼女たちのパフォーマンスは6万人でも10万人でも魅了できる自信があったが、一体どれほどの人があの時間にモーニング娘。を選んでくれるのか、一体どれほどのファンが彼女たちのためにチケット代14,000円を払って真夏のひたちなかに駆けつけるのかわからなかった。この大きなステージに立った彼女たちに良い景色を見せたい。その気持ちが日に日に増していった。

 

そんな不安を抱えつつ夏の野外へ向けた準備を粛々と進めていたロッキンの二日前、待ちわびていた朗報が舞い込んできた。頸椎椎間板症で7月10日から休養していた小田さくらちゃんが、ROCK IN JAPANから復帰するというものだった。無理はさせられないと思っていたが、どうか間に合った欲しいとも願っていたのですごくすごく嬉しかった。さくらちゃんが居なくても娘。のパフォーマンスに不安は無かったが、ファンの一人として彼女にあのステージに立って欲しかった。結果として「ROCK IN JAPANで復帰」というドラマチックな展開になり、一つの心残りなく当日を迎えることができた。

 

f:id:shikishaa:20190812133943j:image

大事を取って前日から水戸入りした私たちは、車で来た友人に途中で拾ってもらい開門前から入場列に並んだ。どれぐらい娘。オタが来るかわからなかったので「私たち4人だけだったらどうしようね」なんて話していたが、明らかにフェス慣れした音楽好きの皆さんの中に混じってチラホラと我々と同じモーニング娘。のファンが居た。普段とは違う「仲間意識」があったので、一人また一人と見つける度に心強さが増した。早朝から来ていたみんな、本当に偉い。

 

f:id:shikishaa:20190812133348j:image

テントの森まで荷物を運び、グッズを買ってひと段落した後「ステージを見に行こう」とGRASSへ向かった。開演までまだ1時間半あるので人はまばらだったが、そのお陰でいかにGRASSがだだっ広いのかわかった。ステージの前には既に場所取りをしている人たちがいたが、GRASSの広さに対してその人数はとても少なく感じ、またしても「大丈夫かな」と不安になった。当たり前だが、モーニング娘。のファンだけではこの広さは埋められない。どれぐらいの人がこの時間にモーニング娘。を選んでくれるだろうか。そんな不安を抱えながら30分前に場所取りをして、何度か後方を振り返りながら10時半の開演を待った。まばらだったスタンディングゾーンも次第に人の壁が生まれ、後ろを向いても会場の様子がわからなくなった。そしてあと10分で始まるというところでロッキング・オン代表の渋谷さんがステージに現れた。そうだ。ここで始まる前に挨拶をされるんだった。GRASS STAGEとはそういう場所だった。マイクを手に渋谷さんは話し始める。ROCK IN JAPANという音楽フェスが20周年を迎えたこと、大量の仮設トイレの設置、ダイブの禁止など参加者の快適と安全を守るフェス運営を第一にやってきたこと。そして昨年のLAKE STAGEを盛り上げたモーニング娘。'18のこと。彼女たちが、「いつも通り」のパフォーマンスでロッキンを盛り上げたことへの賛辞。そして最後に、GRASSへ集まった私たちを鼓舞した。

「ここに集まっている皆は、この巨大なGRASS STAGEに立ったモーニング娘。なんとか勝たせたいという人たち、そして彼女たちの勝利を目撃したいという人たちだ。勝たせたいじゃないですか!!

渋谷さんの呼びかけに呼応して、ファンから声が上がり拳が突き上がる。そうだ、本当にその通りだ。私はモーニング娘。を勝たせたい。この大きくて広いGRASS STAGEから見た景色が絶景であって欲しい。ともに見たことのない景色を見たい。それが、「勝つ」ということだ。「不安に打ち勝つ」ということだ。勝ちたい!絶対に勝ちたい!!

 

 

 

 


 

www.instagram.com

 

gyao.yahoo.co.jp

 

モー娘。ロッキン最大ステージで大観衆を一体化 直談判でギリギリ50分・14曲熱演 | ORICON NEWS

【ライブレポート】モーニング娘。'19、ロッキン最大ステージが「LOVEマシーン」で一つになった瞬間 | BARKS

 モー娘。「ロッキン」最大ステージに登場 盛況ぶりにトレンド入りも /2019年8月11日 1ページ目 - エンタメ - ニュース - クランクイン!

 

ameblo.jp

rockinon.com

 

 

私たちが見た景色はこの世のものとは思えないほどの絶景で、あの時、私は「努力」が、それを嗤う全てのものに勝った瞬間を見た。

 

 

うたプリ×ジャニーズ好きなアイドルアンケート2019 結果発表(前編)

 

今から4年前、こんなアンケートを取りました。

shikishaa.hatenablog.com

 

あれから4年経った2019年、劇場版うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダムがあまりにも最高を超えてきたため、「あのアンケートをもう一度取りたい」と思いました。今回はすっかりNEWS・加藤シゲアキのおたくが板についてしまったアカウントで取ったため結果にかなり偏りがありますが、楽しんでいただければ幸いです。

 

緊急募集!うたプリ×ジャニーズ好きなアイドルアンケート2019

【実施期間】6月29日~8月2日

【回答数】654件(うち無効回答4件)

【質問内容】

1.うたプリで一番好きなアイドルを教えてください

2.ジャニーズ事務所で一番好きなアイドルを教えてください

3.2人はどういうところが似ていますか?どういうところが似ていませんか?(任意回答)

4.2人が出会ったらどうなると思いますか?(任意回答)

 

 

今回は任意回答の質問が2つあったので、その質問ごとに結果を前後編に分けています。(文字数もすごいので)1と2を掛け合わせた結果の表は今回は作成していませんが、組み合わせごとの回答数はかっこ書きしています。

 

  

2人はどういうところが似ていますか?どういうところが似ていませんか?(任意回答)

(敬称略・ジャニーズの順番はふわっとデビュー順、Jr.は回答順)

一十木音也 

増田貴久(4)

向日葵が似合う赤髪の男の子
赤髪、笑顔がステキ、ひまわりが似合う
赤髪、笑顔がステキ

 加藤シゲアキ(4)

音也くんは元気いっぱいで、誰に対しても積極的に絡んでいくのに対して、シゲさんは人見知りするので似てないなと思います。また、音也くんは絡んでいくけど、本当の心の奥底は人にはあまり見せないのに対して、シゲさんは1度気を許した相手にはパーソナルスペースが狭くなるのかなというイメージがあります。
根本的なところが似ていないかなと思います
似てない
音也は陽の属性
シゲは陰の属性
純粋な心の持ち主であるところは一十木音也・加藤シゲアキ共に似てるかなあ…とも思いますが、音也くんの思いのままに行動する行動力や素直さはシゲちゃんにはあまり見られないかなと思います。シゲちゃんは自意識に囚われているところがあるので…(笑)

 手越祐也(4)

音楽に対しての考え方が似ている気がします。理論(=ピッチとかの上手い下手)よりハート(=気持ち)を大切にしてるところはそっくり!スポーツマンで前向きで無邪気で…本当によく似ていると思います。
太陽みたいにあったかくて明るいところ。ひまわりがよく似合うところ。
似てる→サッカーが好きな太陽のようなアイドル。
似てない→音也くんは社交的。手越くんは人見知り。

 

大野智(3)

似ているところ
わりと休みの日はアクティブなところ。
何だかんだ現実主義なところ。
慣れた人には結構ズバズバ言うところ。
メンバーみんなが大好きなところ!
あとカレーが好き。

似てないところ
正直あんまり似てないとおもうので結構ある…。
音也くんはクラスの中心人物っぽくて大野くんは端っこの机でいつも寝てそうです。
何だかんだ音也くんは根暗な一面がある気がしてますし、大野くんはああ見えて実は根明って石原さ○みさんに言われてました。
リーダー

 相葉雅紀(3)

大型犬っぽいところ
天真爛漫と称されるところ、明るいのに闇抱えてそうなところは似てると思います。
似ているところは、ステキな笑顔 似てないところは、わからない()

 村上信五(3)

グループの太陽、サッカーが好き
明るいところ

安田章大(3) 

ダンスが上手いところ、ギタリストなところが似ている。
人懐っこいところが似てるかと思います。
無邪気、犬っぽいところ

 

堂本剛(2)

ギターを弾くところ、ファンを大事にしてくれるところ、音楽に貪欲なところ

 櫻井翔(2)

イメージカラーとメンバーへの愛し方が似てる
翔くんは知的な部分があるけど音也はどっちかと言うと相葉ちゃん似

 亀梨和也(2)

似ていないですね……。どちらかと言えばシンメの彼と似ています

 丸山隆平(2)

元気いっぱいなところ
明るくて、人を笑顔にする太陽のような存在

 松本潤(2)

 神山智洋(2)

マリウス葉(2)

  

以下、お一人ずつの回答

木村拓哉

かっこいいところが似てる

坂本昌行 

二宮和也

犬っぽいところが似ていると思う

有岡大貴

ファンにめちゃめちゃ優しくて、自分にもちょっと甘さがあるところ

岡本圭人

知念侑李

運動神経がいいところ

北山宏光

サッカーがうまい

二階堂高嗣

松島聡

キラキラ太陽みたいなアイドルというところが共通点だと思います、あとわんこ。

中間淳太

藤井流星

重岡大毅

太陽

岸優太

Snow Man

アイドルとしていてくれるところ

 正門良規

 西畑大吾

圧倒的センター力!あと顔がいい。

川島如恵留

人に大きな愛を与えながら自分は愛に飢えてるところが似ていると思います

冨岡健翔

大野智マリウス葉

明るめなところは少し似てる、自由気ままさやマイペースさは似てると思います。しかし2人はふわふわであまりにも独創的なので、そういった所は一十木音也にはないと思います。

 

 

一ノ瀬トキヤ

加藤シゲアキ(10)

二人とも美人だが、トキヤは日々の努力を怠らず、加藤さんは自分の美貌には無頓着なとこが正反対だと思う。
 全く似てないと思います。唯一同じなのは名前がカタカナってとこですかね…
ポジション、自分を客観視し伝え方を知っている、自己プロデュース力
ミリしらで今日マジLOVEキングダム見たてほやほやです!何もわかりません!好みがわかりやすい人間なので、なんとなく似ている…ような……
仕事に対する意識の高さ、効率を重要視しそうなところ、ヘルスコントロール力の高さ、自意識の高さ、客観的に物事を見れるところ、ファンのことを大切にしているところ、
2人とも「努力をして"アイドル"になっている」という印象を受けます。どう表現すればいいかわからないのですが「アイドルじゃない方が生きやすそう」と思ってしまうところが似ていると思います。
あと、主観過ぎですが、顔の良さの系統?が似てると思ってます!2人とも画面に急に映った時に思わず「えっ!顔が良い!」となってしまうタイプの顔の良さ…アイドルでいてくれてありがとう…

 

手越祐也(6)

歌に対する熱量の強さは通じるところがあると思います。
ただそれ以外はかなり真逆かも……
歌が上手い。
 明るく振る舞う手越さんとクールな一ノ瀬さん、一見対照的に見えますが仕事にストイックなところ、プロ意識が高いところはお二人に共通していると思います!

 

大野智(5)

歌唱力の高さ
歌が上手い、ストイック、真面目
似ているところは努力家なところ。陰でたくさん努力していることを表にはあまり出さずに涼しげな顔でクオリティの高いパフォーマンスを魅せるところ。
似ていないところは性格。しっかりきっちりしているトキヤさんに対していつもふわふわでほわほわな大野さん…真反対です。
ストイック、歌うまい、芸術派
グループ結成時、自分の居場所がグループ内にしっくりこなかった?感じとか
歌、ダンス共に高いスキルを持ち非常にストイック

中島健人(5)

努力を怠らないところ。ダンスや歌にこだわりを持っているところ。


山下智久(4)

亀梨和也(4)

仕事に対するストイックさ
真面目さやストイックなところが似てると思う。トキヤはテンション上がって暴走したり、気に入ったギャグやボケを何度もやることはなさそう。
似ているのは、ファンを楽しませることを第一に考えて努力し、皆が望むアイドルで在ろうとするところ。
ストイックでアイドルという職業に誇りを持っているところが似ていると思います。あと女子力高いところも似てる(笑)
似てないところは亀ちゃんは体育会系、トキヤちゃんは文化系なところでしょうか。
努力の天才。コンプレックスの塊であったりそれを努力でカバーするところ。
歌をうまいと思っていないところ。
朝はお手製スムージー!美容に気をつけてる。その辺の女子力は高め。
そしてとても画伯!

 

櫻井翔(3)

真面目
 完璧主義者

松本潤(3)

美しいところ、自分に厳しいところなど。あと紫。
パーソナルカラー

赤西仁(3)

髪の長さとハネ具合
 自分を魅せるのが上手

 

坂本昌行(2)

なんと言っても歌が上手い、昔は音痴だったけど努力して今の実力がある。そして天然エロスの塊、2人とも腰に何かが住んでいる(確信)。あとグループ内だとツッコミ役に回りがちだけど本当はボケタイプ。

相葉雅紀(2)

真逆のタイプだと思う

小山慶一郎(2)

メンバーカラーとシンメをとても信頼しているところが似ていると思います!ビジュアルは真反対かなと思います。笑
スタイルがいいところ

村上信五(2)

メンカラが紫、努力家、料理が出来る、絵が独創的、ストイック、細身の筋肉質、怒ったら怖い、笑顔が素敵!!!!!!!!!ハァ好き!!!!!!!!!

丸山隆平(2)

歌が上手いところと理想のアイドル像を崩さないようにしている所が似ていると思います。
キャラクターは全然違います笑

山田涼介

アイドル(仕事)への姿勢(ストイック)

河合郁人(2)

メンバーカラーが紫なこと位しかないです

神山智洋(2)

似てるところはグループ内歌唱力担当なところ、努力家だけどそれを人には見せないところ、色んな楽器を扱えるところ、赤色とシンメなところ
似てないところはファッションセンス
ストイックなところ

 

以下、お一人ずつの回答

城島茂

似てるところは、何事にも全力なところですかね?似てないのは年齢です!

三宅健
岡田准一

ストイックなところ

堂本光一

プロ意識が高くストイックなところが似ています

二宮和也

ストイックなところは似てると思います

増田貴久

プロ意識

上田竜也

アイドルとして姿を見せてくれているところが似ている

 中居正広

影で努力している所

横山裕

顔の系統とストイックさとグループが大好きなところが似ていると思います。似ていないところはぱっと浮かびませんでした。

錦戸亮

大倉忠義

とにかく顔が良い

渋谷すばる

歌が上手いところ

岡本圭人

真面目さ

菊池風磨

メンカラ紫

橋本良亮

あまり似ていません…2次元と3次元だと好きになるポイントが変わるんだなと実感致しました……

中間淳太

平野紫耀

頭の良さ?

岩橋玄樹

ジェシー

京本大我

似ているところ:プロ意識が高い、歌への強い思い、絵を描く、人見知り、トマトが好き、グループの立ち位置(絶対的センターのシンメ)
似ていないところ:料理の腕前。

金指一世

 

愛島セシル

小山慶一郎(5)

優しそうな雰囲気が似てると思います。あと猫繋がり
天然なところがと焼けているところ、可愛いところが似ています
似ているところは…猫!と、見た目に反してぶりっ子なところ?(笑)
二人とも喋り方が幼げ。セシルちゃんは言わずもがなですが、小山くんもソロラジオになると喋り方がふにゃふにゃして幼くなるなと。
それ以外はあんまり似てない気がします。
猫、あざとさ
天然なところ、一見穏やかそうに見えて内に秘めた情熱があるところ

 

 渋谷すばる(2)

全然似ていません笑
なにもかもが似ていません

 

以下、お一人ずつの回答

中居正広

井ノ原快彦

いつもニコニコで楽しい気持ちにしてくれる

加藤シゲアキ

似ているところ:大人っぽい表情をすることもあるが、ふとした瞬間にものすごく無邪気な子どものような表情をすることがあるところ/グループ内で末っ子として可愛がられているところ
似ていないところ:加藤さんは魚が好きだけどセシルちゃんは魚が嫌い/物事の捉え方

中島健人

似てないと思います

佐藤勝利

かわいい 頑張り屋さん 母性をくすぐるところ かわいい 顔がかわいい 何事にも一生懸命 かわいい 

橋本良亮

少し(?)ぽやっとしてる所

桐山照史

藤井流星

・流星くんの髪の短い時期(2017年末~2018年頭にかけて)がすごいセシルくんにそっくり
・天然すぎる天然

神山智洋

セシルはグループ内ではかわいいみんなの弟というイメージだが、神山さんはグループ内のオカンっていうイメージがあるので共通点があまり思い当たらない

阿部亮平

アイドルとしてのパフォーマンス(若干あざとい)と話し方の柔らかさ。そして地黒

 

来栖翔

手越 祐也(9)

 見た目が似てる 性格は全く違う
髪の色と身長とメンカラ
似てないところはグループでのキャラと立ち位置
外見の特徴(体格や髪)と強気な所は似てるけど性格はあんまり似ていない
見た感じと負けず嫌いな性格
金髪・背が低い・顔がかわいい・運動神経が良い・サッカー・負けず嫌い・女装経験がある・ピンクカラー・高所恐怖症が似ているところです。
オシャレに興味がない(興味がある)・自分がかわいいことを武器にしている(かわいいポーズなどはしない)・歌が上手い(歌は苦手)・ひとりっ子(お兄さん)が似ていないところです。()内は来栖翔部分です。
メンカラがピンクが共通点。
やる時はやる男気に溢れるタイプなところが似てる。
似てないところは、手越くんは自分の可愛さを武器にするけど翔くんは自分の可愛さを否定しちゃうところ。
容姿的には、身長が低くて可愛いところ、内面的にはストイックで努力家なところ

 

増田貴久(6)

オシャレさんなところとか、アイドルとしてのプロ意識は似てるのではないでしょうか。翔は全力ツッコミなのに対して増田くんは全力ボケなのでそこは似ていませんね。
アイドルを頑張っているところ 
血液型が同じ
グループ内で背が小さいところが似ている
体格は似ていない
プロフェッショナルなところ、洋服が好きなところ
意志強い系

 

大野智(5)

アイドル力

 安田章大(5)

チビ 奇抜 かっこいい 最高
小さい  運動神経がいい
身長が小さいのに1番大きく見える存在感とパワフルさ
 小さくてダンスが上手でおしゃれが好きで男前なところ。パブリックイメージは常識人ぽいのに実際はとんだところがあるところ。安田君が音楽番組で赤いチェックの衣装に黒のネイル、黒のハットをかぶってたときにお、同じような衣装を来栖翔がきてた~~~~~!!!!おっそろ!てなりました。

松島聡(5)

ちっちゃくて可愛いところ
空手をやってたところ
ダンスとアクロバットが上手なところ
ファッションが好きなところ
2人ともシンメ(マリちゃん、なっちゃん)に愛されてるところ
めちゃくちゃ努力家なところ

似ているところしか見当たりません。
かわいらしいところ!
ちっちゃくてもがんばるところ!
かわいいとかっこいいのギャップがすごい。自己犠牲に走りがち。努力家。アクセサリーを身につける。背が高い人にかわいがられがち。(翔くんは那月、聡ちゃんはマリウス)
天真爛漫、笑顔が可愛いところ
グループの中でバランサーの役割を果たしていると思う
周囲を見て、フォローをしていることが多い

 

中島健人(4)

それぞれ憧れのアイドルがいて(健人くん→山田くん、翔ちゃん→龍也先生)アイドルになることを志したところ。
あと、二人ともどう考えても可愛いのに、愛玩動物的な扱いを受けるのは嫌なのか、ファンにはかっこいいって言われたい、かっこいいところを見せたいと思っているであろうところは似ているかもしれません。

似ていない所は、体格と顔つきとフィジカル面です。バク宙余裕な翔ちゃんとそうではない健人くんなど。
プロ意識が高いところ、頭の回転が早くバラエティでも上手く振る舞えるところが似ていると思います
スタイルの良さも似ているように感じます。
プロ意識が高くストイックな所、思わずかわいい、と言いたくなる所が似ている。
翔ちゃんはからかわれるとすぐキレるけどケンティーはキレない所、
身長が似ていない。
仕事に対し真摯に取り組むところ。

神山智洋(4)

グループの中でチビ扱い、熱い漢、金髪が似合う
金髪、グループの中でマトモな人、黒のマニキュア、アクロバットが得意、相方の世話をしている、オシャレ好きで趣味がショッピング、グループの中で1番小さい、メンバーから「チビ」という認識を受けている、かわいいのに可愛いで売っているわけではない
このアンケートに回答していて初めて「翔ちゃんと神ちゃんって似てるやん…!」と気づきました。身長低めなとことかも似てるけど私は何よりアイドルとしてのプロ意識というか、心のカッコよさがよく似てると感じました。

 

櫻井翔(3)

比較的常識人なところ。あと名前も同じ(笑)

錦戸亮(3)

生き方や考え方が尊敬できてかっこいいところが似ている

 

堂本剛(2)

ファッションセンス、ナイーブ

二宮和也(2)

かわいいところ

山下智久(2)

努力家なところ

小山慶一郎(2)

かわいいところ
メンバーが大好きなところ

加藤シゲアキ(2)

人の意見を気にしすぎてしまうところ

亀梨和也(2)

有岡大貴(2)

可愛いルックスなのに1番お兄ちゃんしてるところ

岸優太(2)

一生懸命と努力家、男気なところが似ている。イメージカラーは似ていない。

 

以下、お一人ずつの回答

中居正広

背が小さくてかわいいのに漢気がある オシャレ

井ノ原快彦

包容力と、グループの仲介役を担っているところ

堂本光一

松本潤

NEWS

横山裕

丸山隆平

渋谷すばる

似ているところ→黒マニキュア(渋谷さんは若い頃していた)、帽子(ファッション)好き、メンバーから守られている、メンバー内に極度に愛して来る人がいる(丸山さん、四ノ宮さん)、そしてその人を表面上は煙たがっている、ツッコミがキレキレ、あと、小さい……

似ていないところ→渋谷さんは下ネタ言う、来栖さんは言わな……言わ……まだ聞いたことないです……

八乙女光

アイドルと言う職業に真摯に取り組んでいるところ

伊野尾慧

山田涼介

千賀健永

おしゃれなところが似ていて、性格が似ていない

塚田僚一
五関晃一

タイプは正反対だけど、嘘が付けないところ。ダンスが上手い!

中間淳太

全然似てません!!

小瀧望

似ている面:メンバーカラーがピンク
似ていない面:翔くんは見た目が可愛らしいのに中身が男前、小瀧くんは見た目が男前なのに中身が可愛らしい まるで真逆
イメージカラーがピンク
それだけです

KING&PRINCE

永瀬廉

宮近海斗

ちっちゃくて声も可愛いけどまじで誰より背中がかっこいい男達だと思ってます。アイドルだしヒーロ??!!!! あと女の子の好きなものに対してわかんねえな?って思ってそうなところも最高だと思います。那月→翔 とうみ→ちゃか の矢印に対する扱いもみてください。
あっあと2人とも帽子好きですね!?えまって書きながら予想以上ににていることに鳥肌が

佐久間大介

ダンスが得意、笑顔がかわいい、騒いでいるようで周りをよく見ている、自分の機嫌を自分でコントロールできる、いじられ側、だめなことをだめと相手のために言える

西村拓哉

可愛いところ可愛いところ可愛いところ

川島如恵留

理想のアイドル
プロ意識の塊
常にファンのことを考えてくれている

長妻怜央

愛と勇気が友達!みたいなところ
クロバットができるところ

 

四ノ宮那月

小山慶一郎(5)

長男気質でふわふわしてて、独占欲強いところは似てると思います。あとふたりとも足が長い。8メートルぐらいある。
脚が長い
直接ここが似てる!!って言うのはないけど、なんとなーくあの柔らかい雰囲気とか、持ってる空気が一緒だと思う
ふわふわした子だけど芯の強さもあるところかなと思います。
似ている所:可愛い所 似てない所:お世話する側とされる側

 

 亀梨和也(4)

料理が好きなところと歌が上手いところが似ています。逆にそれ以外は全然似てません………
 キメる時はキメて、雰囲気が優しげな所、そして可愛い…

 

増田貴久(3)

キラキラな歌声

 

長野博(2)

天界に住まう御方であろう神々しさを感じる雰囲気
似ているところ
基本的に穏やか。自分のために怒ることはなさそうなところ。「大丈夫だよ(ですよ)」って言ってくれた時の安心感がすごそう。見た目だけでも柔らかい印象を与えるところ。ひとを受け入れる器が大きそう。

似ていないところ
なっちゃんは人が好きで、誰かと一緒にいることを好みそう。長野さんは誰にでも優しいけれど、人に興味があるわけではなさそうなところ(レン様に近いかも)。
料理の腕前。

相葉雅紀(2)

笑顔が絶えないところ・天然なところ・マイナスイオンが発生してる・小さい頃から動物が好きなところが似ている。
四ノ宮さんはのんびり性格ですが、相葉さんはせっかちなところが似ていません。

大野智(2)

ふわふわしてる
歌(音楽)の才能と、笑顔の温かさ

二宮和也(2)

上田竜也(2)

実はぴよぴよしてるとこ
歌!
金髪

赤西仁(2)

歌が上手いところ
天才であり天然でもあるところ、自分の音楽を自由に表現出来る場所を求めて活動する場を変えた事があるところ、は意外と似てるんじゃないかな、と思います。

丸山隆平(2)

いつもニコニコしている明るくて温厚でかわいいところ!クレイジーな二面性。

 

伊野尾慧(2)

かわいいところ
知的なところ、多様性を受容できるところ、列の最後にいるところが似ている。反対に、歌唱力は似ていない。

 

以下、お一人ずつの回答

草なぎ剛

二次・三次における、グループ内立ち位置としての「自然体で可愛くて癒し系の黄色」を確立したパイオニアのお二人なのでは…?と、ちょっとガチで思っています(プリキュアとかにも引き継がれてますし)

堂本剛

歌が上手すぎるところは似ているが、根本的な考え方や雰囲気は全く似ていない

加藤シゲアキ

似て……?何となく本質的に人を捉えたり見ているところは似ているのかな……?

横山裕

北山宏光

似ているところは仲間のことを細かいところまで見ていてよくわかっているところ。似ていないところは身長。

千賀健永

電波なところ、かわいいものが好きなところ

宮田俊哉

優しい雰囲気が似ています

岸優太

川島如恵留

このアンケートを回答するまでは似ても似つかないな…って思っていたのですが、よくよく考えたら小さくて可愛いもの(那月くんなら翔ちゃん、如恵留くんなら松松)が好きなところが似てるなと思いました。あとは歌担当なところ。
逆に似ていないのは、ド天然なっちゃんとロジカルな如恵留くんなので頭の作りは全く違いそうだなとおもいます。
ちなみに私の如恵留担人格を入れると、聖川真斗くんに惹かれるところもあるので、ロイヤルっぽさ?は真斗くんの方が似ているのかなと思ったりしています。

岩本照

担当カラーイエロー。身体は大きいのに、中身はかわいいもの好きなところ。

大橋和也

自分の感覚を大切にする人。人に貰った愛を人へ与えられる人。
似ていないところは、身長…

 

四ノ宮砂月

相葉雅紀

根が優しい人を思いやる

 

神宮寺レン

 松本潤(7)

パブリックイメージ的にはグループ内で真っ先にananの表紙で脱がされるようなセクシー担当ですが、実は少々子どもっぽく無邪気な一面があることを、ファンはとても可愛がっています。
 パフォーマンスに対して真摯なところが似ていると思います!食事や睡眠などのライフスタイルに関しては真逆そう…
自分の目標に対してストイックなところ
紳士的なところが似ている
肌の色が真逆
前回回答させて頂いたときは出てなかった情報なのですが、まさかの神宮寺レンくん、ST☆RISHの演出担当になりました!!!!!!!!!確かに前から演出面の話はレンくんしてたんですけど(ソロではかなりやってましたが、)グループの担当になれるとは;;似てるところないと思ってたのに、どっちも演出担当だ~~~~~!!!!やったーーー!!!二人ともいつも最高のステージをありがとう……
カリスマ性を表舞台はもちろん、裏でも発揮しているところが似ている

 

大倉忠義(4)

背が高い美形
ファンの気持ちに寄り添ってくれるところ、アイドルやってなくてもヒモで生活できそうなところ
似ているところは、グループの下ハモ担当、モデル経験者、大手企業の社長の息子…などもありますが、アイドルとしての考え方や立ち居振る舞いが似ているかなと思います。
努力や苦労を見せたがらないところ、広くアンテナを張っているところ、俯瞰の目線を持っているところ、仲間が大好きなところ、ファンがどうすれば喜ぶかわかっているところ、ファンとの距離の取り方、SNS(Johnny's WebとTwitterですが)の使い方が上手いところなどなど…二人ともアイドルとしての信頼度がめちゃめちゃ高い。

似ていないところは、二人ともよく食べるけど、大倉くんは太りやすいゆるふわ体型で、レンくんは全然体重が変わらないギリシャ彫刻体型なところですかね。

宮田俊哉(4)

ファンに対する愛情が非常に深いところは共通していると思います。2人とも「お姫様」「子羊ちゃん/レディ」という独自のファンの呼称を持っているので…… でも似てるな?と思って好きになったわけではないので、強いて言うならって感じですね。
ファンを大切に思ってくれているところやエンターテイナーなところはアイドルの在り方として似ているなと思います。根本的な性格やグループ内立ち位置などその他の部分は全く違うタイプですね…
ファンのことをレディと姫と呼ぶところ。
レン様程の大人の色気はない
キャラがブレないところ

松島聡(4)

ファンのために、と全力で「アイドル」を全うしてくれるところ
相手のフォローをするところが似ています。レンくんはいつも相手がしてほしいことを考えて行動する男の子ですし、聡ちゃんも相手の話すことを否定せず受け入れて同調する優しさがあります。似ていないのは、それ以外全部かな…(笑)
ファン想いなところ
似ているところはあまりなさそうですが、愛したら真摯に相手を一途に愛す(聡ちゃんは予測です)ところでしょうか。見た目は似ていません。

 

堂本光一(3)

努力している様を見せたがらないところ

二宮和也(3)

肌の色、髪の毛の長さ、身長、性格全てが似ていない、二人ともゲームが好き

小山慶一郎(3)

偶然にも背が高くて、モデル体型なところが似てます。以前のチャラさがある小山さんにレンの雰囲気が似てます。
愛に生きる人

加藤シゲアキ(3)

似てない 育ちが良い?

手越祐也(3)

チャラいと思われているけれど真面目で努力家で熱い。お母さん想い。辛いもの好き。

神宮寺レンは味音痴…
チャラく見えるけど、影ですごく努力する所
女の子に優しい。自信満々。くすぐりに弱い。裏表がない。実は寂しがり?な一面があるところ。

中島健人(3)

似ている→アイドルでいるときにあらゆる物事に肯定的な態度でいてくれるところ。愛を真っ直ぐに届けてくれるところ。
似ていない→アイドルとして最初から全力投球だった健人くん、少し時間がかかったレンくん。
ファンを限りなく彼女に近い存在として扱ってくれるところ、ファンからの愛で生きていると思わせてくれるところ
甘い言葉担当、バラが似合う、足が長い、顔がいい、プロ意識が高い、自分たちのファンへの愛がすごい

 

三宅健(2)

女子の扱い。
レン→全ての女の子がレディ
健→女の子は生まれた時からいくつになってもお姫様
アイドル性。自分が求められている像を魅せることができるところ。

相葉雅紀(2)

チャラそうに見えて本当はすごく優しいところ

赤西仁(2)

村上信五(2)

似ているところ:何よりも第一印象とかわいさのギャップ!とにかく可愛い。スタイルが良い。礼儀や所作がしっかりしている。

丸山隆平(2)

オレンジ担当、女ったらしでプライベート関係なくファンサービス旺盛で店員にすらウインク等する、しかし意外にも芯が真面目なこと

似てないところは自らピエロになろうとしちゃうところ…どっちがとは言いません
メンバーカラー、体型

錦戸亮(2)

似ているところは、
顔(垂れ目、彫りが深い、地黒気味)
寂しがりのうさぎさん
舞台演出を担当する
意志が強い
フェミニスト担当
外国語が堪能
サックス奏者

似ていないところ
錦戸さんのお家は財閥ではない

岸優太(2)

正直ほぼほぼ共通点を感じませんが、努力を表に出さないところでしょうか...
ふたりともかわいい

 

以下、お一人ずつの回答

 稲垣吾郎 

女の子に優しいところ

坂本昌行

坂本さんは普段は「ヘタレなリーダー」てな感じなんですが、ステージの上に立つと本当にカッコつけるのが上手なんです。全力でカッコつけているのが本当にカッコいい人なんです。そこが似ているのかな、と思いました。

森田剛

滝沢秀明

かわいいところ

増田貴久

上田竜也

似ている)負けず嫌い
似ていない)真っ直ぐさ

亀梨和也

負けず嫌いでストイックなところ。
外ではカッコつけたがるところ。
身内には甘えたがるところ。

安田章大

自分のセンスを確立している点、魅せ方を心得ている点、フリーダムなマインド。どちらもカッコいいと可愛いのギャップで撃ち落としてくる。ちなみにどちらも寝るときは全裸。

高木雄也

一見セクシー担当だけどかわいさがあるところと、メンバー愛

中島裕翔

歳上にモテそう

横尾渉

北山宏光

似ているところ=自分の魅せ方をわかってる。人が好き。
似ていないところ=北山さんは心うちの熱さをバンバン出す。レンくんはあまり出さない

マリウス葉

濱田崇裕

全てが正反対!

松田元

中村海人

藤原丈一郎

似、似てない?…!

 

聖川真斗

加藤シゲアキ(7)

顔がいいところが似ている
 知的な顔
どちらかというと大人しい所が似てる
面倒見がいい、料理上手
似てないところは多々あるけど在り方の芯が似てる 真摯

 

堂本光一(4)

仕事真面目で優しいところが似ている 似ていないところはコミュニケーションをとるかとらないところ

 

手越祐也(3)

 意志が強いところ、優しいところ
ファンへの愛情や仕事への誠意、そして“アイドルである自分”に対しての向上心を常に忘れないところ…………最高のアイドルじゃん……

 

櫻井翔(2)

似ているのは、誠実で聡明なところ、音楽を愛するところ、少し器用貧乏な性格、若い頃の短気さ、寝相の悪さ。
2人とも好感度の高い真面目なキャラクターとギャップのある面がありますが、それが聖川さんは世間離れした天然な性格ゆえの面白さ、一方櫻井さんは反骨精神のあるおてんばなチャラさという点では似ていないと思います。
年の離れた妹 真面目

二宮和也(2)

松本潤(2)

顔が良すぎる

増田貴久(2)

まったく似ていないwww
髪の毛が強そうなところが似ている。

小山慶一郎(2)

礼儀正しい所、優しい所、ちょっと天然っぽくて可愛いところが似ている。
見た目は似ていない
礼儀正しい、ずっと優しいのとたまに天然っぽい所が似ている。あと高身長と好きな食べ物が甘い食べ物。
似てない所は口調とめっちゃ真面目と(小山さんも真面目だけど)根が爆モテチャラい所。

上田竜也(2)

松島聡(2)

佐藤勝利(2)

顔が美しいところ。意志が強いところ。耳掛けする時が最高なところ。純粋なところ。

岸優太(2)

藤原丈一郎(2)

メンバーカラー、上品

 

以下、お一人ずつの回答

森且行

髪がサラサラなところ

大野智

相葉雅紀

性格も世間からのイメージも真逆なので似ていないと思う
(天然で抜けてる所はちょっと似ている)

山下智久

村上信五

真面目な所

横山裕

肌が白いイケメン

中丸雄一

渋谷すばる

薮宏太

肌が綺麗なところ

マリウス葉 

天然なところ それ以外は似てない

河合郁人

濵田崇裕

周りや、グループの和を考えて自分自身をグッと抑えてしまいがちなところが似ている
それ以外はほぼ共通点ないと思う

神山智洋

グループに対して真面目なところ

神宮寺勇太

笑顔がステキ

髙橋海人

末っ子甘えん坊キャラと、しっかり者オカンキャラなのであまり似ている所は無いけど、努力家な所は似てる…?かも。

永瀬廉

ファン思い

阿部亮平

何事にも真摯に向き合い、結果を出すこと。出来ないことを決めつけず頑張ること。リアクションが大きいところ。

佐久間大介

宮舘涼太

御曹司と貴族です 金持ってます

 京本大我

七五三掛龍也

 川島如恵留

自分にも他人にも厳しすぎちゃうところ、美しいパフォーマンス、妹さんを溺愛しているところ、偶像としての自覚が強いところ、和服が似合うところご実家がお金持ちなところ、実はとてもズレてるところが似ていると思います。
似ていないところは聖川さんはツンデレ気質だけど如恵留くんは割と素直に人の言葉を受け止めるところです。

 

 

寿嶺二

加藤シゲアキ(5)

メンバーカラーが同じ、というくらい
ポジティブなところ。目的や目標に向かってしっかり現状を見つめて努力してるところ。
顔が素晴らしくいいのに口を開くと気さくなお兄ちゃんみたいな、親しみやすいところが似ていると思います。
あとメンカラが同じ緑!
似てるところ……自分がなんとかしなきゃと思ってそうな妙な責任感が似てる気がする
似てないところ……対外的で人見知りしなさそうな嶺ちゃんと内向的で人見知りバリバリする加藤さん。似てないというより真逆
いじられキャラ気味な所とメンバーカラーが一緒
嶺二はどちらかというと小山さんぽい(末っ子長男感、社交性の鬼、いじられリーダーなど) と常々思っているので、自担の加藤さんとはあまり似ていないと思っています。強いていえば、お仕事への真摯さ、よく働くところ、アイドルという仕事を「好き」と言ってくれるところは似ているかもしれません。

 

亀梨和也(4)

シルエットが似ている。
似ているところ:襟足が長いところ(亀は時期にもよりますが)、くだらないギャグが好きなところ、普段とステージ上のギャップ
似てないところ:人との距離感

 

相葉雅紀(3)

仕事に対して真摯に向き合う姿勢、誰に対してもフレンドリー且つ優しく接するところが似ていると思います。しかし、寿嶺二の場合は相手との距離感はある程度計算してのものですが、相葉くんは人見知りゆえ(最近はそうでもなさそうですが)仲良くなりきれない点では違いがあるかなと思います。
ネアカに見えてネクラ!
気を使い過ぎるところが似てる。

小山慶一郎(3)

周りをしっかり見ているところ、まとめポジション、可愛い、ずるい系お兄さん、メンバー愛がすごいところ!
私の性癖、寿嶺二、及川徹、新開隼人に小山慶一郎なんでもう仕方なく無いですか!?(わかりやすさが天の果て地の果て)

 

 

岡田准一(2)

背が小さいところ…?
似ているところ:仕事を取り組む姿勢 似ていないところ:言葉使い

二宮和也(2)

グループを溺愛してるところ。おどけているように見えて頭の中はフル回転。グループのためになら全力を尽くす。

山下智久(2)

グループのリーダー格(嶺二は違うけれど立ち位置としては近い)、まとってる雰囲気(アイドルオーラ)が似てる、サーフィンが趣味 似てないのは…嶺二はトークでハキハキ喋るしまとめたりするけど山Pにそういうイメージはないのでそこかなぁと

上田竜也(2)

似ているところは仕事にまっすぐなところとグループを思いやっているところ。似ていないところはそれ以外全部。
あんまり似ていないなと思います。雰囲気ももちろんですが、上田くんは本心を出してくれてまっすぐなところ、嶺二さんは本心を隠して色んな表情でたのしませようとしてくれるところが似ていないです。

安田章大(2)

ダンスが上手

宮田俊哉(2)

場の空気を和らげる力を持っているところ。あといじられキャラ。テンションが高め。

中島健人(2)

明るく見えて闇を抱えている、アイドルを演じ切っている
パッと見るとグループ最年長という立ち位置と特徴的な言葉遣いでしょうか。
周りの人への配慮の仕方が似ているとおもいます。

阿部亮平(2)

基本的には似てないけど、いろんな人の気持ちを考えた発言ができるところと時々仕草があざとくなるところは似ていると思います。
似てるのはアイドル120%!なところ
嶺ちゃんの年上特有の狡さは阿部くんに無いし、阿部くんのがむしゃらで真っ直ぐ・頑固な所は嶺ちゃんに無い。

 

木村拓哉

井ノ原快彦

ムードメーカー、おおらかに見えそうだけど芯が強い。そして誰にも見せないストイックさ

森田剛

似てないないと思う。森田剛は天才型、寿嶺二は努力型のアイドル(寿嶺二はどちらこというと三宅健系)

堂本剛

色気がすごいところが似ています!

大野智

雰囲気?

増田貴久

自分のキャラクターをわかっているところ
ギャップがえぐい

手越祐也

テンションとか、アイドルという職業に対する意識とかは似ている気がします。バラエティー班なところも年齢も。兄気質、弟気質なところは似ていないところかなと思います。

横山裕

村上信五

仕事に対して真摯なところ
トークが達者、リア恋

錦戸亮

横尾渉

前回のアンケートも同じ組み合わせで回答させていただきました。4年程経って、2人共ある程度歳を取って「そのままの自分でいいんだ」となり、人を頼ってもいいと大人になって気づいたの面白いなあと思います。驚くほど性格も容姿も似てないのに成長の仕方は似ていたんだなあ…。

千賀健永

普段はいじられキャラだけどステージに立つとバチバチにかっこいいところ、常に人を楽しませてくれるエンターテイナーなところが似てるかなぁと思います。
似てないところは、嶺二の器用さは千賀くんにはない(好き)

渋谷すばる

まったく似てないんですけど、歌に対する熱意はあるのかな~?あとグループ愛がありますね。

薮宏太

タレ目茶髪のお兄さん

中島裕翔

菊池風磨

浜中文一

あまりにも似ていないので最早何がどうなってこうなったのかわからない

佐久間大介

明るいところ

秋山大河

「アイドルである自分が好き」という点と、圧倒的なパフォーマンス力以外、特に共通点は無いと思う。

松本幸大

ファンサやサービス精神などアイドルとしての福利厚生がしっかりしているところ。あざと可愛いところ。

川島如恵留

目がぱっちりしている所と周りをよくみている所

中村海人

メンカラが緑

 

 

 

 黒崎蘭丸

 上田竜也(9)

曲がった事が嫌いな真っ直ぐな所
熱い思いがメラメラしてるところが似ていると思います
 ロックなところ~~~!今回キングダムで思ったのはそれぞれダンスではなく歌う時の手の振りがめちゃくちゃデケエところに気付きました。愛
ロックなところ
ビジュアル、パフォーマンス(曲のテイスト、ダンスなどの身のこなし)
曲がったことが嫌いなところ、熱い男、ROCK
ビジュアル

 

 

加藤シゲアキ(7)

ストイックな所。本当は可愛らしいものが好きなところ。メンドクセー自意識な所。社交性の高いシンメに助けられているところ。
中2病なとこ
自分の信念が確固としてある所が似ている…と思います。誰に何言われても折れなさそうなところとか、でもちゃんと周りを見て行動できるところとか。
あ、あと、人前だとツンツンツンツンしてますが、二人っきりならゲロ甘そうな所も似てます。(なんの話し?)
 中の人(鈴木達央)と顔が似てる気がします

 

櫻井翔(3)

真面目なところが似てる!見た目が真逆。

二宮和也(3)

プロ意識の高さと気高さ

増田貴久(3)

音楽への精神
似ているところ:こだわりが強い、ガタイがいい、4人グループ
似てないところ:基本的な性格、世間からのイメージ
・食いしん坊なところ。
・身内には言葉が荒いが、歳上には丁寧な対応が取れるところ。
・上下関係や義理人情を大切にするところ。また、そのことから後輩からも好かれているところ。
・男性ファンが一定数いるところ。
・まっすーにシンメはいないし、蘭丸も度々バンドが解散した後1人でフラフラしていたりと、2人とも下積み時代はわりと1人だったところ。
・グループを解散させたくないという思いがあるところ。
・蘭丸は女嫌いなため女性の陰がなく、まっすーもアイドルとしての意識が高いので女性の陰なしと言われているところ。

山下智久(3)

見た目がクールな感じ?
割と真逆だけどストイックは所は似ているかと

 

小山慶一郎(2)

 

以下、お一人ずつの回答

堂本光一

堂本剛

坂本昌行

なんだかんだ言って面倒みがいい所。美食家、料理が得意な所。

井ノ原快彦

岡田准一

ストイックな所

手越祐也

歌唱力が高い

亀梨和也

孤独だった頃は刺々しかったけれど、今は信頼できる仲間に出会えてギラギラ輝いているところ

横山裕

藪宏太

努力家

有岡大貴

髙木雄也

山田涼介

ストイックなところ

菊池風磨

中島健人

仕事に対して手を絶対抜かない。全ての仕事に対して全力で挑むところ

松島聡

基本似てないけど、努力家なところ、「らしさ」に悩んでいるところ、自分を表現するのが苦手なところが、全てベクトルは違うけど広くいえば似ていると思います。

岸優太

金銭感覚が堅実(マイルド表現)。まっすぐでキリッとした眉毛、目と眉毛の間隔が狭くて目力が強いところ。
それ以外は上田竜也の方が遥かに黒崎蘭丸に似ていると思います。

松田元

大橋和也

【似ているところ】
好きな食べ物:肉なところ。よく食べるところ。努力家なところ。カラコン(と言っても大橋くんは黒目が大きく見えるフチつきのタイプ)しているところ。歌が上手い。夏生まれ。

【似ていないところ】
蘭ちゃんは「プリン食べ過ぎておしりプリンプリン」みたいな自己紹介をしない。大橋くんはする。

中田大智

いつだって1番を目指すところ

長妻怜央

背がデカイ

 

カミュ

 

加藤シゲアキ(3)

頭良さそうなとこが似てる
ぱっと見クールっぽさがあるけど割とボケ強めなとこは似てるかと思います…
インテリビジュアル属性な故に美貌が僕を狂わせるところです

 

亀梨和也(2)

自分の魅せ方を知ってる

丸山隆平(2)

似ていない
見た目も性格も全く似てない

岩橋玄樹(2)

シンデレラボーイとシンデレラ組(愛称)というところくらいしか似ていないのでは…?
パット見全くの真逆だけど、わがままな女王気質やキャラの徹底ぶりなんかは似ているなと思う

 

以下、お一人ずつの回答

堂本光一

プロ意識が高い。仕事とプライベートの2面性がある。

三宅健

顔がいい

大野智

孤高なところ

相葉雅紀

何もかも似ていない……ような………

上田 竜也

二面性(多面性)があるところ。ギャップ。

錦戸亮

渋谷すばる

自分に自信があるところ

中島裕翔

菊池風磨

似てるのは頭のおかしい所 、でも全体的に似てない

中間淳太

気が強くプライドが高いところは似ていると思います。

藤井流星

顔が良い

永瀬廉

背が高い

中村海人

性格に二面性があるところ

宮舘涼太

貴族

目黒蓮

上品なセクシーさ。ファンがファンじゃなくてオンナって感じのところ。

ジェシー

身長が同じ(184cm)
音楽を愛する気持ち

 

 

 

美風藍

加藤シゲアキ(7)

冷静沈着でいつも落ち着いてるのにたまにいきなりボケを発揮するところ。似てないところは歌声、藍ちゃんの高音ボイスに対してシゲの低音ボイス。
何事にも1歩引いて見る感じが似てるかなぁと思います。
似てる所目のでかさ。
似てない所身長
 ストイックなところが似ています、自信の持ちようは似ていないです


山田涼介(4)

美人
美風藍くんは、山田涼介くんが演じた探偵学園Qリュウ様と暗殺教室の渚くんのハーフ的な雰囲気で、私の好みが詰まっています。美しさ溢れる外見と、完璧に近いパフォーマンスは似ているかなと思います。
ただ、素の山田くんは冷静なタイプではないので、そこは似ていないと思います。
 美しいところが似ている

 

手越祐也(3)

(似てる点)グループの末っ子 声が高い 歌が上手い 顔が可愛い 自分にも周りにも高いパフォーマンスを妥協しないこと (似てない点)上記に挙げた似てる点以外は何も似てない
手越くんはめちゃくちゃファンサするけど、藍ちゃんはお手振りしかしなそう。(映画館でお手振りしてる藍ちゃんを見て大号泣した女)
顔が美しく最年少で可愛がられるポジションながら、歌唱力が高く負けず嫌い

 

櫻井翔(2)

頭が良いところが似ています。ラップができるのはサクラップだけなので似ていません。
頭が良い

大野智(2)

クールだけどチート

相葉雅紀(2)

良くも悪くもピュアで純粋なところが似ています。

増田貴久(2)

「アイドル」というものを極めているところ
見た目も中身も似ていないですが、ステージに対するストイックさやアイドルとしてのプロ意識の高さが似ていると思います。

亀梨和也(2)

上田 竜也(2)

人間離れしているところ(甘栗期の上田さんが特に好きなので、抑えきれない可愛いところは似ているかも)
2人ともミステリアスエンジェルで大変麗しいですお耽美

大倉忠義(2)

とってもアイドルなところ
見た目がクールな雰囲気なのは似ているけど、大倉のゲラなところは絶対に似てない

渋谷すばる(2)

佐藤勝利(2)

まとめ役なところが似ていて勝利はミステリアスではないが藍くんはミステリアス

松倉海斗(2)

音楽センスの高さ。それに加えて可愛らしいこと、年下扱いされることにコンプレックスを持っている点が共通点です。ただ、性格は美風藍君は冷静かつロジカルで松倉海斗君は情熱的かつフィーリング重視なのでかなり似てないと思います。
似ているところ→物事を突き詰めていくところ。歌の上手さ。
似ていないところ→身長

 

以下、お一人ずつの回答

堂本光一

理詰めなところ

堂本剛

歌が上手い

二宮和也

かわいいところ

小山慶一郎

NEWS

山下智久

似ているところは顔面の良さ。自担も若かりし頃はどえらい美少年だったのでその辺りは似てるかなと。
ニコニコしながらお手振りするくらいはするけれどがっつりファンサはしなそう?
性格はあまり似てないかな?
あと週刊誌常連になるとこは似てほしくないですね。
いや、でも藍ちゃん初フライデーは記念に3冊くらい買うかもしれない…(笑)

横山裕

錦戸亮

宮田俊哉

似ているところ→歌声が綺麗なところ、似ていないところ→生態

玉森裕太

とくに似てないと思う…

二階堂高嗣

似てるところは1個もありません

中島健人

アイドルとしてのパフォーマンス力の高さ…?

藤井流星

髙橋海人

グループ最年少

中村海人

佐藤龍我

身長、年齢、バブみがある、かわいい、年齢に対して大きい。

 

 

帝ナギ

加藤シゲアキ(3)

なぎくんは割とテゴちゃんに似てるなぁと思います、幸せになって欲しい
似てない……!
真逆だと思います。
似てるところが見つからない。

 

手越祐也(2)

かわいくて顔が良い
お顔が宇宙一キュート。自分の顔が良いことをわかった上でのパフォーマンスをする。一時的にピンク髪がお揃い。誤解されやすそうだけど良い子。似ていないところはわかりません!

 

三宅健

あざと可愛さ

小山慶一郎

ステージ上で誰よりもアイドルなところ!

増田貴久

あざとくて可愛い。泣き虫。

川島如恵留

正直あまり似てないと思います。二次元と三次元では推しの好みが違うので。むしろ彼らより、所属するグループの方が似てるなと思います。

大西流星

似てるところは宇宙一キュートなアイドルなところ
似てないところは頭脳…ナギちゃん賢いけどりゅちぇは勉強面はよくわからない、頭はいいと思うけど…

 

鳳瑛二

加藤シゲアキ(2)

グループの人数増減に1番真摯なところ(悪く言えば気にしてる)
瑛二くんは歌うま天才枠なのでそこは似てない
どちらかというと瑛二くんの中の人が手越祐也くんに似てます(歌うま低身長天真爛漫かわいい) 今ゆうまたそが金髪なのでかなり似てます

大倉忠義(2)

襟足がかわいい

 

長野博

ふわふわした所

堂本剛

手越祐也

歌が大好き!はちゃめちゃに歌が上手くて、グループでは歌のセンターポジション!!そしてメンバーから可愛がられている。顔が可愛い。笑顔が天使。人見知りっぽいところ。

手越くんは闘争心がめっちゃ強いけど、瑛二くんは平和っぽい。
瑛二くんは女性(七海春歌)に対して意外と積極的(アニメでは夢を歌へと...!のリムジン内で春歌手の甲にキスをしている。(驚き))手越くんは照れてできないと思う。

中丸雄一

家庭的で優しい所

有岡大貴

かわいいくてかっこいい

松島聡

素朴なところが似ている

岩橋玄樹

可愛いところ

松村北斗

松田元

松田元太のCVは内田雄馬だと思っています

 

桐生院ヴァン

 

堂本剛

松本潤

二宮和也

増田貴久

山下智久

優しいところ

亀梨和也

似ている→自分に自信があって、見せ方を分かっているところ。
似てない→(体型も含め)ビジュアルが常に変化し安定しない亀梨くんと、常に安定してるヴァンくん

二階堂高嗣

3枚目風だけど、本気のパフォーマンスさせたらアイドルとしての実力の高さが発現するところが似てるかも

中島健人

アイドルとしてファンを楽しませようというサービス精神

 

 

皇綺羅

加藤シゲアキ(2)

似ているところ 黒髪と声質。あと2人ともはちゃめちゃに顔がいい。この2人はどちらもギャップ萌えの塊みたいなところがあると思ってます。
似ていないところ 中身。モチベーションの作り方も維持の仕方も全然違うだろうなと思います。
顔が綺麗 フード芸

大野智(2)

似ている→口数は少ないものの、いざ話すとインパクトのある言葉を残していく所。
無口

 

櫻井翔

負けず嫌いなところ

菊池風磨

 

日向大和

安田章大

互いに漢字とか言語に弱い所。

 

天草シオン

中島健人(2)

 

横山裕

グループを何より大切にし、それを失うことを恐れているところと、見た目が全体的に白いところは似ていると思います。

松島聡

長妻怜央

仲間思い

 

 

鳳瑛一

小山慶一郎(2)

メンバーとグループをとても大事にしているリーダー

亀梨和也(2)

顔。顔です。つり眉タレ目下まつげ、キュッと上がったセクシーでかわいい口角。大好きです。
また、グループのメンバーやパフォーマンスに対し絶対の信頼や尊敬を抱いているであろうところも似ているかなと思います。
…外ハネ?

 

草彅剛

タイプ的には似ていない。あえて言うならアイドルになりたい、アイドルでありたいという自覚の強さが似てる。それ以外は真逆かも…

坂本昌行

大野智

ダンスが上手いところは似てる…?
独特の感性も似てる?
リーダーシップの取り方は全然違うかも

加藤シゲアキ

赤西仁

髪型…?

渋谷すばる

歌に対して真摯であり続けるところ。仲間想いだし何よりグループのことを考えてくれる。

松島聡

 

 

 

月宮林檎

加藤シゲアキ

林檎さん(男)モード時、ゲーム本編にて大事なところでめちゃくちゃキメてくるので、強かなところが共通点?かなあと。君の美貌が僕を狂わせた並びにstill……宗教なので、余計に刺さります。

五関晃一

七五三掛龍也

かわいいところ…ピンクっぽい(というかピンクな)ところ

 

 

日向龍也

大野智

正反対

 

 

 

 後編へつづく

 

ST☆RISHのファンだった私とマジLOVEキングダム

 

最初はバラバラだった「アンコール」の声が揃った頃、暗かったステージに再び明かりが点いた。「アンコールありがとう!」の声とともにTシャツ姿に着替えたみんなが出て来る。「まだまだ楽しもうね」、そんな言葉の中で流れたイントロがあまりにも懐かしくて、隣に座る友達と一緒に「おえええ」とも「うわああ」とも取れるような変な声をあげて椅子に沈み込んだ。花道へ散ったみんなが、歌う。 

さぁ、今ここに始まるメロディ溢れる夢の歌よ

空を彩る虹になって 

そう強く強く 君も一緒に

We love you My Princess

 アンコールが追加されたのは昨日からだった。だから初めて見た映像だったのに、何十回も、何百回もこの光景を見たことがあった。この曲を聴きながら何度夢想しただろうか。大好きなみんながドームのステージで、何万ものペンライトに囲まれて笑って歌う。

ずっとずっと見たかった。私が欲しかったのは「これ」だった。

私は、うたの☆プリンスさまっ♪のアイドルたちのファンだった。

 


劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム 予告編 第2弾

 

うたプリが映画になるというのは、それが決まった時からツイッター経由で知っていた。けれどそれが全編ライブの映画になっているというのは、公開日になってから知った。見に行った友人たちがみんな口を揃えて「見に行った方がいい」と言うので、信頼できるおたくたちが言うなら、見た方がいいに違いないと思った。本当は翌週に行く予定だったのを翌日見に行くことにして、通常上映で一回目を観に行った。一人で観に行ったので両サイドには「うたプリ詳しくないけど、評判良いから見に来てみた」という様子のジャニオタっぽい女の子たちが居て、うたプリを離れて久しい自分はむしろ彼女たちに近いのだろうか、などと考えていた。ツイッターで絶賛していたあの人もあの人も、ずっとうたプリを大好きな人たちだ。私は、どんな気持ちで見たらいいのだろう。どんな気持ちになるのだろう。もしかしたら私に「見てほしい」と言ってくれた人たちの期待を裏切るかもしれないな…そんな不安も、少なからずあった。

映画が始まってから1分も経たないうちに、隣の女子と私は明らかに違った。なんかもう、なぜだかわからないが涙が止まらないのだ。「全編ライブ」と聞いていたから、始まった映像が「ライブのオープニング映像」であることはすぐにわかった。最初は足元だけ、後姿だけだった彼らが名前と一緒に一人ずつ紹介され、懐かしいと思った。大好きだった頃と全く変わらずキラキラしていた。彼らはアイドルなのだから当たり前のことだが。

オープニング映像が終わって会場の全景が映ると、それだけで後ろからぶん殴られたような衝撃だった。ここは敢えて場所の名前を出したい。東京ドームだった。見たことのある景色の中、まだ照明で照らされる前の彼らをカメラが捉える。コンサートが始まる直前の、一瞬の緊張感。「いる」と存在を認識した直後にわっと景色が明るくなり、ライブが始まる。何度も何十回も経験していることなのに、そこに居るのがST☆RISHというだけでぼろぼろと涙が止まらなかった。特に思い入れのある彼がカメラに映る度に感情が溢れる。ずっと見たくてずっと諦めていた、私がうたプリを離れる理由にもなった、叶わなかった夢が叶った。

 

今から4年前、「担降りブログ」と称したものを書いて私は2011年から好きだったうたプリを離れた。その時に書いた文を一部ここに引用する。 

私は「プリライ」に行ったことがない。そこにいるのは中の人で、私が好きになったアイドルたちはどこにもいない。声優のみなさんが心を砕いてアイドルたちに歌を、しぐさを寄せてくれても、こればっかりはもうどうにもならない。馬鹿みたいに頑ななオタク心を抱えて、ごめんなさいといつも思っていた。こんなに大好きなST☆RISHのコンサートになぜ行けないのか、悲しくて悲しくて泣いたこともあった。いい歳をして、だ。でも別に恥ずかしくない。それぐらい好きだった。自分の頭の中にいる、いきいきと芸能界で活躍する彼らが大好きだった。でも、彼らはどこにもいなかった。

 乙女ゲームから始まったうたプリで、頑なにアイドルのファンで居ることは楽しくも苦しかった。実在しない彼らのコンサートに行きたい、そんな夢物語はドラえもんでも居ない限り絶対に叶う筈がないのに、どうしても感情的に割り切れない。そんな苦しい気持ちを最後に吐露したのが上記のブログだった。でも、今なら当時の自分にかけられる言葉がある。「夢は叶う」と。「見たかったものが見れる」と。「良かったね」、そんな気持ちだ。

そういえば、今日行った二回目のマジLOVEキングダムで、なんだか不思議な瞬間があった。最後の挨拶の後、みんなが乗り込んだフロートが宙を飛び、東京ドームの二階席までやってくる。その二階の客席から見た景色が映った瞬間に「私だ」と思った。この二階席にいるのが私だ。それまでライブビューイングを見ているような、あくまで風景だった客席が、突然自分のものになった。このペンライトが私だと指差してもいい。それぐらい自分はそこに居た。ちゃんと私は会場に居た。嬉しかった。すごくすごく嬉しかった。

 

 

 

さて、映画館を出てからずっと、私は彼らのために何を出来るのか考えていた。とりあえずお金を払いたいので曲を買ったし、次に見に行く予定を立ててチケットも買った。できればうたプリを好きな人は勿論、そうじゃない人にも観に行って欲しい。彼らのことをよく知らなくてもきっと楽しいし、絶対に幸せになれる。あまり言及はしなかったけどQUARTET NIGHTHE★VENSも個性的でST☆RISHとはまた違う魅力がある。一人でも多くの人に彼らを好きになってもらい、末永くこのコンテンツが続いて欲しい。

あれ?この気持ちは、「ファン」なのだろうか。だとしたら今、私はファンで居ることが苦しくない。うたプリへの「ごめんなさい」を、今やっと捨てられた。

僕は大事に君を愛せているかい?

本編の最後に歌われた「マジLOVEキングダム」で、ST☆RISHの歌い出しがこのフレーズだった。アイドルがファンに贈る言葉はいつも真摯だ。この歌詞もまたそうで、一瞬で涙が溢れた。彼らは「大事に」ファンを愛している。その集大成がこの映画だった。私もきっと大事にされた一人だった。私も彼らを大事に愛したい。そう思える素敵な映画だった。

ありがとうマジLOVEキングダム。これからもこんな私をよろしくお願いします。

 

 

 

おしまい。

 

 

utapri-movie.com

6/14~16開催!初めて行くモーニング娘。全国同時握手会(ZDA)指南書

 

こんにちは!時間がないのでさくっと本題に入ります。

6月14日(金)から6月16日(日)にかけてモーニング娘。'19が全国47都道府県で握手会をやります。(全国同時握手会・通称ZDA)

この各地の握手会に「行ってみたいけど、どんな感じかわからないから知りたい」という方へ向けてざっくりと指南書を書きます。何かの参考にして、できれば行ってみてください!47都道府県はめったにないのでこの機会にぜひ!!

 

 

 

1.いつどこでやるの?

公式サイトにお知らせが掲載されました。こちらをご覧ください。

モーニング娘。'19 6/12発売 67thシングル「人生Blues/青春Night」発売記念 ~全国同時握手会~ 開催!!<6/14~16 全都道府県47か所>

会場名をクリックすると、各会場の詳細ページへ飛びます。

必要な情報は大体ここに書いてあります。お住いの県には誰が来ますか?お気に入りのメンバーはどこに行きますか?近くの会場で地元民としてお迎えするのも、好きなメンバーに会いに遠征するのもどちらも楽しいです!まずはどこに行くのか吟味して、詳細をチェックしましょう。

 

2.当日の流れ

当日の流れはざっくりこんな感じです。

①CDを買う(1枚1,080円 一人2枚まで)。握手券がついてきます。

②イベント開始時間になるとメンバーが登場します。握手会開始前に少しトークがあります。10分~20分ぐらいかな?先着順で貰える「優先エリア入場券」付きの握手券を貰えた場合は、この時に優先エリアの中でトークを見れます。優先エリア券を持ってない場合も、その外側でトークが聞けます。(CD屋の中なので棚などで姿が見えないこともあります)イベント開始時間までは列を作ったり、列を作らずに店内をうろうろさせたり、会場によってやり方が違うのでその場で合わせて下さい。

③軽いトークが終わると握手会が始まります。ゴミ袋みたいな大きなビニール袋を渡されるのでその中に荷物を全部入れます。列に並びます。握手券の番号はただの通番なので順番は関係ありません。

④自分の番が来ます。スタッフに握手券を渡します。荷物の入ったビニール袋を預けます。メンバーが目の前にいます。手を握って、短めの会話が一往復できます。「初めて来ました」「今度のコンサート行きます」などなど…。「剥がし」と呼ばれるスタッフが居るので長居は出来ませんが、メンバーからの「ありがとう!」は格別です。私も何度も骨抜きにされてきました。荷物を受け取って、2枚目をお持ちの方はそのまま2回目に並んでください。もう一度骨抜き体験ができます。握手が全部終わるとメンバーは次の会場へ移動のため引き上げます。最後まで残ってお見送りするのもいいですね。お疲れ様でした。

 

よくありそうな質問

Q.握手券は売り切れますか?何枚用意されていますか?

売り切れる場合はあります。

特に複数のメンバーが集まる都市部の会場(今回で言うと14日の埼玉、16日の東京・大阪)はイベント前のかなり早い時間に売り切れる可能性が高いです。早めに行くことを心掛けて、状況をSNSなどで確認しましょう。(ハッシュタグは #ZDAです。完売の場合その旨ツイートされることが多いです。情報が無い場合は該当店舗に直接問い合わせるといいと思います)
メンバーが一人で移動する地方の会場は、余程のことが無い限りイベント開始時間後も握手券は販売していると思います。前回は全会場で最終的に売り切れているので、心配な場合は早めに行くことをお勧めします。
※優先エリア券は枚数がとても少ないので、どこの会場でも早く行かないと手に入らないと思います。

ちなみに枚数は、過去開催分を調べてみると地方の小さな会場で多くて500枚、複数のメンバーが集まる都市部で1000枚??もっとかな???って感じでした。雑感ですいません。

 

Q.詳細に書いてある「集合時間」に間に合いません。間に合わないと参加できませんか?

恐らく集合時間とは優先エリアに案内される時間なので、握手だけなら集合時間は無視していいと思います。到着がイベント開始時間を過ぎる場合は、売り切れ(もしくは握手列の終了)との戦いになると思います。

 

Q.当日買うCDの種類の違いがわかりません

握手券付きで販売されるのは「人生Blues/青春Night」の通常版A/Bです。

人生Blues/青春Night (通常盤A) (特典なし) 人生Blues/青春Night (通常盤B) (特典なし)

内容に違いはなく、両A面なので表題曲に合わせてジャケットと特典のトレカの衣装が違います。トレカはCOCOVR2というアプリで読み込むとAR動画が見れます。初の試みなんですが、このAR動画、めっちゃいいです。是非見てね。

 

Q.プレゼント、お手紙は渡せますか?

渡せないんです…数年前からプレゼントボックスが無くなりまして…。熱い想いは言葉で伝えてあげてください。

 

Q.女子一人で参加しても大丈夫ですか?

大丈夫です。今のモーニング娘。の現場は男女比が半々ですし、一人参加の女子もわんさかいます。それでも不安でしたらぜひお友達を誘ってください。

 

Q.まだモーニング娘。のファンというほどではありません。こんな私が行ってもいいのでしょうか…

いやいやいやいや是非来てください!!このZDAは全国にファンを増やすためにやっています。熱烈なファンには握手の機会なんて他に山ほどありますので、どんな方でも気軽に来れる今回こそ、あなたに来て欲しいです!お願いします!!

 

Q.握手会に来てくれるメンバーのことを知りたいです

今回行く会場を決めた時の動画があります。「ご当地のものを食べて美味しかったところに行く」という斬新なスタイルで決めたので、個人の雰囲気とか、決めた経緯とか、もぐもぐわちゃわちゃが見れて面白いと思います。

 


モーニング娘。'19 全国同時握手会 抽選会!!

 

おまけ情報

ZDAの当日はモーニング娘。公式アカウントがフル稼働して各地のメンバーの様子を届けてくれます(インスタも開設したので今回はインスタも?)。リアルタイムのお祭り感が楽しいので、当日だけでもぜひチェックしてみてください。

 

www.instagram.com

 

  

以上、何か間違いの指摘や質問があれば@shikishaaまでお願いします。皆様良いZDAを!

 

 


モーニング娘。'19『青春Night』(Morning Musume。'19 [The Youthful Night])(Promotion Edit)


モーニング娘。'19『人生Blues』(Morning Musume。'19 [The Blues of Life.])(Promotion Edit)

モーニング娘。'19 コンサートツアー春 島根県民会館で推しが増えた話

 

3月に始まったツアーも終わりに近づいた5月末。自分にとってツアー初日となった島根県民会館で、目を奪われた女の子がいた。

この「島根県民会館が初日」というのは2つの要因が重なった結果だった。同時に推しているNEWSのツアー日程が(毎年恒例だが)モーニング娘。とダダ被ったということ、鳥取に住む友達を含めた仲良しグループで行く島根遠征だけは何がなんでも行きたかったこと。それまではなんだかんだツアー序盤の関東圏にはなんとかは入れていたので、ツアー終盤が初日というのは初めての経験だった。でも、今になって思えば多分それが良かった。

去年の12月ぶりに見るモーニング娘。単独のコンサートはめちゃくちゃ楽しかった。セットリストに目新しさは無くても、ベストアルバムを引っ提げたツアーだけありあれもこれも好きな曲ばかりだった。メドレー以外ほぼフルで披露したというのも大きい。普段あまり聞けない2番まで見れるのはお得だ。約半年ぶりに見るということもあり、メンバーのスキルアップを肌で感じられて「すごいすごい!」と興奮した。席が前方のど真ん中、ちょうどステージと同じ目線になる高さだったのでメンバーが代わる代わる私の前に出てきて歌ってくれる感覚も最高だった。普段は大体遠いのでモニターを見たり推しを見ながら一緒に踊ったりしているが、今回は「真ん中に来たメンバーを見よう」と試みた。真ん中に立った時の生田の「私を見ろ!」という目力はものすごくて思わず笑った。生田*1のそういうところがすごく好きだ。ふくちゃん*2・さくらちゃん*3・まーちゃん*4は歌割も見せ場もすごく多くて、今の娘。の中心はこの3人で間違いないなぁと(別に今に始まったことじゃないけど)改めて思った。直前にふくちゃんが「落ちサビの女王」と呼ばれていることを知ったので落ちサビが来るたびに女王の貫録をビシバシ感じた。

ライブの後半、メンバーが舞台裏に捌けた後、真っ白い布を持った数人だけ先に戻ってきた。メンバーが何かアイテムを持って薄暗い中でダンスパフォーマンス的なものをするのはモーニング娘。ではよくあることなので、今回もそうだとすぐにわかった。

ここから、なんとなくかえでぃー*5が目を引いた。

かえでぃーは歌割が多くない。その分ダンス選抜に回ることが多いが、このメドレーでは特にそれが顕著だった。そして踊るかえでぃーは見ながら、頭の中はずっと同じことの繰り返しだった。

「かえでぃーってこんなだったか?」

これまでかえでぃーのパフォーマンスに対する印象は「一生懸命」だった。一生懸命で、一生懸命さが全面に出てまだちょっと余裕がないかなという印象だった。余裕が出たら、パフォーマンスも変わりそうな気がするな。そんな気持ちだった。

島根のかえでぃーは、一言で言うとめちゃくちゃかっこよかった。なんというか「研ぎ澄まされていた」。いつの間にか目はかえでぃーを追っていて、かえでぃーをもっと見たいと思っていた。私はハロプロの各グループに推しは居るし、なんなら娘。には3推しまで居るのだが、かえでぃーを見ていて久しぶりに内から湧き上がるような「推したい」という気持ちが芽生えた。個別握手のような接触イベントにもあまり行かないゆるゆる弱小オタの私にとって、それは「あなたの色のキンブレを振りたい」である。手の中のキンブレは、電池を変え忘れたので一見濃いピンクに見えるようななんとも言えない変な色だった。元々は一推しで我が歌姫である小田さくらちゃんのラベンダー色である。それを変える気はなかったが、いつかイタリアンレッドを振りたいという気持ちは公演中にどんどんふくらんだ。そして最後の曲であるENDLESS SKYでかえでぃーがセンターに立った時、「この瞬間のために私は島根に来た」と思った。終演後、「ごめんちょっとどうしても写真を買いたい」とグッズ売り場へ駆け込んだ。かえでぃーの写真を持っていそいそと戻ってきた私に友人らは爆笑し「誰を買ってくるか予想していた」と言っていた。誰を予想されていたのかはもう忘れたが、「かえでぃー良かったよね」という一言が嬉しかったのでそれだけ覚えている。そう、かえでぃーはすっごくすっごく良かったのだ。

 

 
島根県民会館から10日後の日本武道館。私はキンブレの色をイタリアンレッドにした。ふくちゃんと工藤*6を同時に推していた友人に「どうやって二人も同時に推すのか」と聞いたときに「今日はふくちゃんを見る日、今日は工藤を見る日と決める」と言っていたからそれを試そうと思った。武道館は二日間あるから、アリーナ席の今日はかえでぃーを見よう。歌割の多いさくらちゃんはスタンド席でもモニターに抜かれるのでいいが、歌割の少ないかえでぃーはそうもいかないからだ。今日見て、今後のことを決めようと思った。

 

さて、結論から言うと島根のようにはいかなかった。

アリーナと言っても端っこなので距離があり、またサブステージの真横でもあるのでなかなか個人は見づらかった。その分端っこに来たメンバーだけはよく見えたので、まりあとあかねちんとまーちゃんにはすげーー!!!となった。島根であの席に入ってなかったら鈍感な私は今もかえでぃーには気付いていないだろうな、とも感じた。あと、これは由々しき事態なのだがメドレーの最初と最後の布を使ったパフォーマンスが無くなり、謎の「ハンディビジョン」というアイテムを持つだけになっていた。正直これに対する文句は無限に出てくるのだが、「せめてスキルを活かしてくれ」に留めて割愛する。本当にムカついた。

そんな感じで島根の再来ということは無かったが、それでも今後を決定づけることはあった。武道館でのラストの挨拶である。一人一言言う場面で、かえでぃーはこのツアーを通じて自身の変化を感じたと言った。ライブ中は全身の筋肉を使って踊っていると感じ、体力も向上したらしい。その変化を「自分では良い変化かどうかはわからない」としつつも、明日は今日以上のパフォーマンスを見せられるように頑張りたい。そんな感じの挨拶だった。

かえでぃーは、私が見て感じていた変化を自分でもきちんと自覚していた。自覚した上でその良し悪しを自分では判断しないところも、今日よりも明日という精神も好きだ。私はこの子がこれからどうなっていくのか見たい。

というわけで、私はこれからも時々キンブレをイタリアンレッドに変えて振るだろう。私は接触にはあまり行かないし推しに関するツイートも少ないしグッズだってそんなに買わないので、私に推されたところで何も変わらないに等しい。時々イタリアンレッドの光が一つ増える、それぐらいしかしてあげられることは無いが、それでもこの気持ちを書き残しておきたかった。

かえでぃーがんばれ。一生懸命なあなたを、これからも応援します。

 

 

f:id:shikishaa:20190606115924j:image

f:id:shikishaa:20190606115927j:image

 

 

*1:生田衣梨奈(いくた えりな)9期メンバー。#えりぽんかわいい

*2:譜久村聖 (ふくむら みずき) 9期メンバー。現リーダー

*3:小田さくら (おだ さくら) 11期メンバー。加入時から推している歌姫

*4:佐藤優樹 (さとう まさき) 10期メンバー。ステージで人が変わる

*5:加賀楓 (かが かえで) 13期メンバー

*6:工藤遥 (くどう はるか)10期メンバー。2017年12月に卒業

自担のファンサのこと

前に書いて実験的にnoteで匿名で公開して上げたり下げたりしてたのを供養しました。加藤シゲアキさんの話です。

 

 

 

自担は、あまりファンサをしない人だと言われる。
サービス精神旺盛な他のメンバーが目に入るファンサうちわに応えてどっかんどっかん湧かせている一方で、自担は笑顔も少なく、時々頷いたりしながら小さく手を振っているだけだ。だから傍から見たらそう思われて当然だと思う。でも、彼のうちわを持って入っていると、そうは感じない。
自担のファンサで「彼はこういう人なんだ」と思った出来事があった。数年前のツアーの際、とある会場で見切れと言っていいようなステージ真横の席だった私は、彼から人生で二度目のファンサを貰った。普通は人生初ファンサの方が色々とセンセーショナルで記憶に残るのかもしれないが、私はこの二回目の方がより強烈に、鮮烈に覚えている。
私がいた場所は見切れ席の中でも、スタンドトロッコが通る通路の一列前、乗り降りする場所の近くでもあった。トロッコが通るのだから席に着いたときはそれはもう期待したのだが、いざスタンドトロッコの出番が来ると士気はダダ下がった。トロッコに乗りに来た他のメンバーは、それはもう近くまで来たが、自分がトロッコから完全に死角の場所にいることをまざまざと実感させられた。メインステージにいる時はほぼ横顔しか見えず、サブステージにいる間は後ろ姿しか見えない。メインスクリーンだって猛烈な角度がついて機能していない状況で更にトロッコからは死角だなんて、いくらなんでも悲しかった。反対側でトロッコに乗りこんだ自担はしばらくしたらこっちにやって来るが、きっとさっきのように慌ただしく、一瞥もくれず去ってゆくのだろう。終わった。そんな絶望的な気持ちでもコンサートは楽しみたいので「後ろ姿も可愛いなぁ」なんて遠くのメンバーを見てペンライトを振っているうちに、自担を乗せたトロッコが近づいてきた。嬉しい気持ちと同じぐらいかそれ以上に、複雑な気持ちが膨らんでいた。
自担を乗せたトロッコは私の真上、目と鼻の先で停まった。そして、あとはもう降りてメインステージに戻るだけなのに彼はなかなか降りなかった。なかなか降りずに、いつものように小さく手を振りながらブロックの全員と目を合わすように視線を動かしている。自担を前に硬直している私の隣で、他担の友人が彼の名前を何度も呼んだ。彼の目線の先がだんだんと近づいてきて、最後は私の列だった。ほとんど覗き込まれるように彼と目が合い、息が止まった。小さな手振りは一貫して変わらなかったが、私と目が合ったその瞬間だけ、その眼差しが「いたいた」と言っているように見えた。程なくして彼はトロッコを降りて素早くメインステージへ戻り、席へへたり込んだ私の隣で友人は「良かった、良かった」と号泣していた。そして終演後、「目合った?」と聞かれて頷くと、彼女はより一層喜んだ。順番に見ていたのだから彼女もそうだったはずだと聞くと、きょとんとした顔で首を振った。
「あの人は、自分のファンしか見ていないよ。さっきだって全然私のことは見向きもしなかったもん」
いやいや、まさか。そんなことは無いでしょ。
後日、別の友人にこの話をした。そんなことないよね、と聞くと彼女はやはり唖然としていた。
「今まで知らなかったの?」
これまでに浴びていた彼からのまなざしが、全て意味が変わった。

 

 

あれから数年経った今も、自担はファンサが少ないと言われている。「○○して」のような所謂ファンサうちわにも応えず、笑顔も少なく、時々頷きながら小さく手を振っている。私が他のメンバーの投げキスやエアハグなどの多彩なファンサを目撃しては喜んでいるのを見て、他担の友人から「自担はあれでいいの?」と聞かれたこともあった。そんな時はいつも、へらへらして、自担はあれでいいんだよ、と答える。自担だから、あれがいいんだよ。と思っている。
分け隔てなく満遍なく、ほとんど個別ファンサもないように見える彼が、本当は自分のファンだけを特別に扱っていること。彼が、彼を愛するファンだけへひっそりと愛を返していること。自担と目が合った瞬間の高揚感、あの大きな瞳がきらっと輝く瞬間に爆発する喜びを、私の友人は知らないこと。このちいさな特別感こそが、自担がくれる最高のファンサだ。いつまでもいつまでも、ファンサが少ないね、と言われる自担でいてほしい。