読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO感想 #にゅすほめ

f:id:shikishaa:20160616125209j:plain

 

 

ツアー最初の日程である札幌公演を終えた後、私はこの感想を残している。QUARTETTOは6月の東京ドームに照準を合わせて作っているという確信があった。そして最後の地である東京ドームを終え、私の確信はやはり当たっていたと感じた。ドーム規模のスケール感を与えられたQUARTETTOは、それはもう素晴らしかった。距離が近いとか遠いとかもうよくわからない!とにかくNEWSは!最高だった!!褒めます!!!!!!!!!!

 

かるほめ①バックネットがない

ドームに入ってすぐに気づいた。あれ…バックネットがない…?あれ外すのに百万円単位でお金かかるんだよ、だからなかなか外されないんだ~というのをつい前日に聞いたばかりだったので「お金をかけてバックネットを外してる!!!」と驚いた。そういうところにお金をかけてもらえるグループになったんだね!!バックネットあろうがなかろうが関係ない席だったのに、嬉しくてめっちゃニコニコしてしまった。これからもバックネットはないといいな!わーいわーい!

 

かるほめ②映像とセットがきれい

一日目は横の方から見てたからよくわからなかったんだけど、二日目に遮るものが何もない場所から見たら、んま~~~~~きれい~~~~!!!!巨大ビジョンの映像とセットのLEDが一体になって、ほんと視界に映るものすべてが綺麗!!!そんな私の「目に見えるもの全部綺麗だった~~~」という頭悪い感想は「スケールでかすぎない?」と友人に一蹴された。なんでじゃ。どの曲が良いとかでなく本当に全部良くて、敢えて選ぶならチャンカパーナシリウスとライフかな?目が幸せでございました。

 

かるほめ③遅い乗り物

ちょっと見た?!あの上下しながら進む光る箱!!!!!一日目にスタンドから下を見下ろして「外周なくなったけどあのレールは…?」って思ってたら、フロート(で合ってる?)でした。今までいくつかジャニーズのコンサート行ったけど、あの乗り物は初めて見た。しかもあれ、一回目は二手に分かれて外周を半周したのに、二回目は小山さんの「今からみんなのところに行くからね~!!」を合図にぞろぞろと4人で連なる。それだけで衝撃的なのに、更に進むのがおっっっそい!!びっくりする!!悠に4曲を使い切ってゆっくりゆっくりドームを一周する。でもね、それがいいの。ゆっくり進むから待ってる間はじれったいんだけど、来てくれるとそのゆっくりさがありがたい。上から下まで、スタンドもアリーナも4人は満遍なく見る。アリーナクラスでもドームクラスでも、やりたいことは変わらないんだな~~とほっこりした。それにしてもこの箱、側面は光るだけでなくちょっとした文字まで映るし、メンバーが立つところにQUARTETTOのロゴも彫ってあるし、なかなか凝った作りだった。定番化するのかな?面白い。

 

かるほめ④レーザーはんぱない

特に増田さんのソロと、KAGUYAとWonderがやばい。これはいわゆる天井どセンから見るのが一番良いのでは?という感じ。増田さんのソロはアリーナで見た時から「これはドームで化ける…」と思ってたら本当にそうだった。もうなんか、記憶がポンコツすぎるので飛び回るレーザーとそれを統べる増田さんの姿しか記憶になくて、あれ、ジュニア、いたよね…????Wonderもレーザー!炎!花火!バーンドーンドーン!という感じでもう何が起きてるのかわからなくて双眼鏡を捨てた。捨てた双眼鏡を最後の悪シゲを見るために拾った。特効厨の才能は無いんだけど、それでもあの良さはわかるよ。かっこいいんだわ。

 

かるほめ⑤照明が綺麗

特に好きなのはね~~シリウス星の王子さま!!!奇遇にもどっちも星をテーマにした曲ですね。あと四銃士もすごく良いね。私はNEWSの白いライトの使い方が大好きだ~~!!シリウスはスモークの中を流れ星みたいに滑るところが好きだし、その時のライティングと後ろのビジョンで流れてく星がすごく綺麗。星の王子さまは綺麗なグリーンのライトも好きなんだけど、一番は曲が終わって朗読に入る時の、丸いセンターステージから垂直に立つ光の柱!!!好きなんだよね~~~。綺麗なんだよ。四銃士はオーケストラで記憶飛んでて東京ドームのライトがどうだったか記憶があいまいんだけど、アリーナの時はイントロと同時に幕が上がって、白いライトが「四銃士様のお成り~~~!!!」と言わんばかりに下から上へ、下から上へって客席を照らすの。絶対伝わってないと思うんだけどこれも超かっこいいんですよ。見てね。あと星をめざしても好きだね。

 

かるほめ⑥Departure

これ好き嫌い分かれるのわかってるんですけど、多分私が一番楽しかった。五万五千人中第1位だった。どうもどうも。札幌二日目で手越がMIX打ち始めたことに気付いてから3か月間、ふとした瞬間に「手越とMIX打ちたい…」とぶり返した。もうなんかCD音源じゃ物足りない。せめて小山さんの「よっしゃーーーいくぞーーー!!」が欲しい。ニコニコ風コメントはさすがにやりすぎかな!?って思ったんだけど、まあMIXの字幕を自然に(本当に自然かどうかは置いといて)やるなら木は森に隠せってやつかな。本気でやってるので毎回MC入るときはゼーハーしてた。ダンスもすっごい可愛くて真似したくなるやつなのに、ドームでは小山さんがかろうじてやってたぐらいでトロッコ曲になっちゃったのが残念。アリーナの映像をなんとか手に入れたい。ロマンスだかウサインボルトだかわからないけど、指差してぐるぐるする加藤さんが可愛いんじゃ~~~!!

 

かるほめ⑦マエストロ西本智実さんとイルミナートフィルハーモニー

褒めたいポイントっていうかもう感謝が止まらないポイント。ドーム一日目、開演ブザーで幕が上がり始め、「え…?」と固まってるうちにスポットライトに照らされる西本さんのお姿が。言葉にならない悲鳴が出たし、感動のあまりしばらくペンライトも上手く振れなかった。四銃士だけでも充分なほどなのに、そのまま星をめざして!なんて贅沢!!!四銃士は間奏明けのストリングスと増田さんの歌声がすごく綺麗で、ライブ中なのに目を瞑って聴きたい程だった。長いこと「東京ドームではオーケストラが居たらいいのに〜〜!!」と言ってはいたけど、心のどこかで「でも無理かも」という気持ちは確かにあったので、実現させてくれたNEWSと西本さんとイルミナートフィルハーモニーの皆さんとスタッフの皆さんには本当に心から感謝しかないです。ありがとうございました!!!!!

 

 かるほめ⑧ 信頼しかない衣装とグッズのセンスの良さ

 いやもう言わずもがなっていうか、NEWSのファンをやってるとだんだん当たり前になって来ちゃうのが良くないっていうか、今回も衣装とグッズが良かったよね!!!好き!!!っていう話。衣装で一番好きだったのはやっぱり一曲目のギラギラポンチョかな!!赤と青、黒と白(金と銀)という2つの対比がまたかっこいいよね。アイドルグループでも戦隊ものでも赤と青ってWセンター!メインヒーロー!!情熱の赤、冷静な青!!ってイメージが強い主役の色。対して黒と白、あるいは金と銀。最高級の色。赤と青とは違うベクトルで最も強い2色。こちらもまた主役級。今のNEWSには前も後ろも真ん中も端もない!!全員が主役!全員がヒーローだぜ!!という気概を感じる。超かっこいい。そんなギラギラポンチョはNEWSがターンする度にぶわっと裾が舞う。重そうで最高だ!!また見たい!!

 

グッズはまずペンライトが安定の可愛さ。

 f:id:shikishaa:20160616211007j:image

ト音記号使うだろうとは思ってたけど、まさか持ち手込みで丸ごとト音とは!!見るからに持ちにくそうだけど実は意外と持ちやすい。手首にかけるストラップもあるからすっぽ抜ける心配ないし、双眼鏡使うときはそのまま手を離せる。すばらすばら。定番のTシャツは形が可愛いし、パーカーもゆったりサイズでシンプル可愛い!流行りのバンダナもしっかり抑えて、さらに演出の一部になったオルゴールは満場一致で決まったというみんな大好きな愛言葉。欲しいグッズしかないってなんて恵まれてるんだろう。(それに比べてハロプrは……) 今年もカレンダーがあったのも嬉しかった!!写真は多ければ多いほど良いです。なんてったって顔が好き♡

 

 かるほめ⑨ あいも変わらずラブラブデート 

(´・ш・)NEWSとのラブラブデートへようこそ〜〜!!!!

手越のこの言葉で間髪を入れず始まるチュムチュムが最高だって話をもっとしたい。NEWSとのラブラブデートはガンジスのほとりなんだよ、知ってた?他にも愛言葉をみんなで歌ったり、NEWSは相変わらずファンに甘い。ゲロ甘い。NEWSのファンをやってると、日に日にIQが下がっていく気がする。そんな甘さが限界を超えたのが最終公演・東京ドームのダブルアンコールだった。ツアーを通してダブルアンコールは一度も無かったけれど、オーラスの規制退場アナウンスを掻き消すNEWSコールには流石のNEWSもびっくり顔で出てきてくれた。

「まだ帰りたくないの?」\かえりたくなーい!!/

「もういいなら帰っちゃお(帰るフリ)」\やだーー!!!/

細かなことはうろ覚えだけど、ここの空気の甘さとハッピーさだけは後世に伝えたい。予想外のダブルアンコールに困り顔のNEWSは、困ってる以上に照れてて嬉しそうだった。四人でステージの上でガチの相談をして、「尺を取らないとみんなのところ回れないからさ、今尺を伸ばせる曲がないか探してるから待ってね」と説明してくれて、選んだのはweeeekだった。明日から頑張る社会人、ここで120%燃え尽きました。最後はマイクを外して肉声の「ありがとうございましたー!」があって、NEWSが帰った後はもう多幸感で笑いが止まらず、「あ~~仕方ない、明日からも頑張るか~~~~」ってふわふわしながら帰った。しこしこがんばって働いて、またデートに行くんだ。じゃなきゃこんな仕事やってらんね~~~!(大の字)

 

  

 

それにしても今回のこの東京ドーム、一年前と空気が全然違った。NEWSから漲る「自信」というエネルギーがもんのすごかった。そんな自信とエネルギーとパワーがあふれる今のNEWSには、「TEPPEN」がすっごくよく似合うんだよね。待ちきれなくなって諦めてしまった奴らに教えてやる日は、もう目の前まで来てるのだと感じたQUARTETTOなのでした。おしまい!