読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

私のジャニーズ楽曲大賞2015

NEWS アイドル

 

ジャニーズ楽曲大賞さんに投票しました!NEWS担1年目だった去年は選択肢も少ないので参加せず、遠巻きに見ているだけだったのでこうして両手じゃ足りないほどの選択肢を前に悩むことが出来た、それだけで幸せでした。2015年のNEWSありがとう、2016年も引き続きよろしくね!

結果を楽しみに待ちながら、自分の投票内容はこんな感じですというのを記事に残しておきます。少し前に作ったNEWSが2015年に発表した楽曲でソートも置いておくので、もし頭を悩ませてる人がいれば使ってやってください。

 

 

 


楽曲部門1位:「愛言葉」 NEWS

デビュー10周年を記念してNEWSが作詞作曲し、ファンへ贈ったラブソングが2015年になり音源化されました。音源化の際に曲名を変更し、歌詞へ施した仕掛けのヒントを消したため、歌詞の真意はファンにしか伝わりません。ロマンチストでキザでファン想いなNEWSらしい名曲だと思います。


楽曲部門2位:「BYAKUYA」 NEWS

雷鳴から始まるこのミュージカルポップスは、そのイントロだけで聴く者をBYAKUYAの世界へ引き摺り込んで逃さない。これが嫌いなおたくはいません!!

 

楽曲部門3位:「チュムチュム」 NEWS

アイドルなのにインド。インドなのにアイドル。レトルトカレーが来ると思っていたらインド人がナンから作っていた。それほど本格的であるにも関わらず、きっちりアイドルソングへ仕上げてしまうNEWSの器の広さは一体なんなのか。その謎を確かめる為、我々取材班はガンジスのほとりへ向かったーー


楽曲部門4位:「TRAVeLiNG」 NEWS

加藤シゲアキさんの歌声が甘すぎて世界中から砂糖が消えても生きて行けると確信しました。


楽曲部門5位:「Fever」 Hey!Say!JUMP

ものすごくハロプロみを感じるので是非ハロコンで披露して欲しい。

 


MV部門:「チュムチュム」 NEWS

アイドルのMVとしては王道な作りなのに、とにかく視覚から入る情報全てが美しい。素材の味を100%活かすだけでこんなに満足のいくMVになるのか。チュムチュムという楽曲をこれ以上活かす映像はない。素晴らしい。

 

現場部門:NEWS LIVE TOUR 2015 White

コンサートをNEWSの裏稼業「TEAM WHITE」の任務と位置づけ、同タイトルのアルバムから地続きの世界を提供したのはとても面白い試みだった。会場は一歩足を踏み入れた瞬間から日常から切り離された空間となるよう音楽や映像などで演出されており、流れるようなセットリストの合間に挟まれる映像も徹底して「TEAM WHITE」。そして最後のアナウンスは「本日のTEAM WHITEの任務は終了しました」。作り上げた世界を最後まで貫き守る姿勢が、Whiteを唯一無二のツアーに仕上げた。NEWSが今後提供するエンターテイメントに外れはないと確信させたツアーだった。

 

コンビ部門加藤シゲアキ小山慶一郎

作家とキャスターという異色なインテリジャニーズの時代はすぐそこまで来ています。

 

自担部門加藤シゲアキ

 

 

2016年はヒカリノシズクで決まりかな? それとももっとすごいのが来るのかな? 楽しみ楽しみ!