読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

関ジャニ∞がわからない

アイドル

 

関ジャニ∞がわからない。関ジャニ∞って何なんだろう。むしろ今まで私が見てきた関ジャニ∞って何だったんだろう。


 

12月20日、関ジャニ∞の「元気が出るLIVE」東京ドーム公演に行ってきた。モーニング娘。オタ歴5年、ジャニオタ歴2年の私が突然関ジャニに行こうと思ったのは「やしゅだしゃんに会いたい」からだった。

※参考画像 まーちゃんとやしゅだしゃん

 f:id:shikishaa:20151221180906j:image

 

チケットを譲ってもらい、伊野尾担の友達を連れだして大好きな東京ドームへ出かけた。やしゅだしゃんがよく見れるように愛しの防振双眼鏡も持った。防振ちゃんがいるから40ゲート最後列だって全然構わない。むしろ全体がよく見えるからラッキー!って感じだ。

 

 

(やしゅだしゃんの写真も買ってご満悦な私)

 

コンサートが終わったら「楽しかった~!」って言おうと思っていた。「やしゅだしゃん可愛かった~」とか言って、「良い現場おさめだったな~」ってまとめるつもりだった。それがそうも行かなかった。

 

よくわからないのだ。関ジャニ∞が。

ジャニオタといっても私はまだまだひよっこの3年目で、特に関ジャニは「音楽番組で見かける」「たまに夕飯を食べながら『仕分け』を見ていた」「夜ふかしの村上くん」「トーキョーライブのやしゅだしゃん」「同担*1の丸山くん」というお茶の間に毛が生えた程度の認識しかなかった。ジャニオタだらけのTLも、なぜか関ジャニについてたくさん呟くエイターがいない。(アカウント分けてる説) そんな状態で関ジャニを見に行ったら、まあイメージと全然違った。イメージ通りだったのは最初の3曲ぐらいまでで、その後はずっと「かんじゃに…えいと…?」という感じで頭上にクエスチョンマークを浮かべながら見ていた。終わった後、伊野尾担の友人にあれこれ疑問に思った点を投げかけたのだけど、いかんせん彼女も私と同じ程度の知識しかないためお互いに「なんでだろうね?」と何も疑問が解消されないまま終わった。多分今からググっていろいろ調べれば疑問はあっという間に解決されると思う。でもこの「わからない」というのもライブの感想に違いないので、せっかくなので疑問は疑問のままとして感想に残しておこうと思う。

 

以下、つらつらっと疑問も混ぜながら感想。

 

 

①5つのビジョンが百点満点

今回入った関ジャニにはスクリーンが5つ設置されており、それが天井席の私をものすごく感動させた。すごいんだ。あれすっごいんだ。中央には巨大スクリーン、その左右にまた一回り小さなサブスクリーン。その更に外側にも、サブよりも一回り小さなモニターを二つ。何がすごいってWOWOWもびっくり高画質であるのはもちろん、②メインとサブで違う映像をほとんど常に流した上で③サビになると画面を分割して全員を抜くこと。なにこれ!!!!!!!!!!!!至れり尽くせりじゃん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ずるい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

これまで入ってきたアイドルのコンサートの中でも「見たい映像が見れる」という点で今回の関ジャニはずば抜けて素晴らしかったと思う。KAT-TUNのquarterに入った時も「ビジョンの使い方上手いな~」と思ったけど、あれは「演出・舞台装置としてのビジョン」の使い方が上手かった。関ジャニはすっごいストレスフリーに「見る」ことが出来て、「防振いらないかも」とドームで初めて思った。(でもやしゅだしゃんが見たいから使う)あまりにも凄すぎて、生で見てるのにWOWOWで見ているような気分になった。ちょっと意味わからないと思うけど、褒めてるので許してください。

 

②横山くんのタンバリンの謎

disじゃない。本当にdisじゃない。横山くんのタンバリンは必要だ。でもタンバリンの音、ほとんどマイクに拾われてないよね…?

ギターを奏でるやしゅだしゃんを見ていた私も、途中から「なぜ横山くんのタンバリンが聞こえないのか」「なぜ聞こえないタンバリンを横山くんは叩いているのか」という謎にとらわれてずっと横山くんを見ていたし、耳はタンバリンの音を探していた。天井席だから聞こえなかったのだろうか。どっちにせよ、横山くんのタンバリンは私に深い爪痕を残した。

(追記 「大丈夫タンバリン 聴こえてたよ!!」と教えていただきました。良かった、聴こえないタンバリンを叩く横山くんはいなかったんだ…)

 

③村上くんはすごい

何がどうすごいのか、私も気付いたのがライブ後半だったこともあって検証しきれなかったんだけれど、「村上くんすごくない??」と度々思った。「夜ふかし」「関ジャム」でトークのうまさは十分知っていたけど、トークの時の「頭の回転の速さ」「空気を読む力」がそのままパフォーマンス中にも出ているし、ピアノ(キーボード)といいコーラスといい、音楽面でもすごい支えてる人だと思った。「KING」も夜ふかしで散々弄られてたけど、生で見たらもう爆笑するほど最高だった。途中挟んだ映像では「お金大好き」ネタもあったし、夜ふかしファンとしては「見たい村上くんを見れた」上で「アイドルの村上くん」の良さも知れた。良かったな~。

 

④青春の汗と土の匂いが香る「関ジャニ∞バンド」

ハイいきなりポエミーな見出し来たよ。

なんだろう。関ジャニからはすごく「汗と土の匂い」を感じた。東京ドームでジャニーズのコンサートに行ったはずなのに、思い出す景色は「日が暮れる中、野外ステージで見るロックバンド」にすごく似ている。WOWOWで見た氣志團万博の影響かもしれない。事前の知識で「関ジャニはバンド演奏もする」というのは頭に入っていたけど、あんなにがっつり長時間やるとは思っていなかった。バンドでやるのは2,3曲で、コントとか交えながら「無責任ヒーロー」みたいな曲をどんどんやるのだと思ってた。言い方悪いかもしれないけど、思っていたよりも何倍も「真面目」なライブだった。

 

渋谷すばるさんがわからない

これだ。関ジャニ∞に触れた結果の最大の謎。ライブの一番の感想。渋谷すばるさんって何者なんですか?

前々から不思議な人だとは思っていた。だってあまりにも私が抱いていた「ジャニーズ」のイメージと違いすぎる。髭を生やして髪はノーセット、首周りの開いたセーターを着てギターを奏でて歌う姿、表情、そして歌声。全てバンドマンのそれだ。そして「全然アイドルっぽくないけど本当にジャニーズやってて大丈夫…?苦しくならないんですか…?」という私の不安をよそに、キャンジャニでは前田敦子的圧倒的センターオーラ。すごい。わからない。何者なんだ。

そして間違った感想を承知で言うと、ライブを通して見ての最終的な印象は関ジャニ∞のボーカルは渋谷すばるだった。わかってる、関ジャニは7人ともボーカルだ。それでも関ジャニはグループとして、渋谷すばるがボーカルのバンド」に見えた。 おかしいな、私は東京ドームに「ジャニーズのアイドルグループ・関ジャニ∞」を見に行ったはずなのに。不思議な経験だった。

 

 

ここまで「わからない」だらけのコンレポも珍しいと思う。私も我ながらよくわからない。ただ、今まで関ジャニに抱いてたイメージがだいぶ変わったので、行ってよかったなぁというのは確かに思っている。良い現場納めになったし、2016年も積極的に色んなものを見に行こうと改めて思った。それでは皆様、よいお年を!

 

 

 

(追記)

⑥やしゅだしゃんはやっぱり可愛くてかっこよかった!!!!!