読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッコの海水浴

なんか色々アイドルとか

映画って意外と楽しい

 

今年も楽しかった #おたく楽しい が無事に閉幕しました。いや~~~すごいね!ミラクル起きたね!!!参加してくださった皆様、読者として一緒に楽しんでくださった皆様、どうもありがとうございました。もし来年もあったらよろしくお願いします。

 

www.adventar.org

 

さてさて、「今年これで書こうかな?」と一瞬思ったものの「おたくって言うほどのもんじゃないな」と思って見送ったテーマがあるので、今日はそれについて書きます。

 

 

突然ですが皆さんは年に何回ぐらい映画館に映画を見に行きますか?

私は去年まで年に1~3回ぐらいで、好きなアニメが映画化したらそれを見に行く程度の人間だったんですけど、2016年は18作品を見に行きました。単純計算で6倍!! それで気付いたことがいくつかあるので、映画館初心者(?)として残そうかなーと思います。

 

きっかけは好きなアイドル

そう、くそオタクだからね。きっかけはいつだって何だってアイドル。

私が好きなアイドルは映画がすごい好きな人で、彼のラジオを聴いてると年に何回か「好きな映画についてしゃべり倒す回」みたいなのがあります。私は毎回それを「楽しそうに喋るね~~~」って右から左に聴き流してて、映画そのものへの興味はそこまでありませんでした。そもそも私は「"好きな映画"が無いことがコンプレックス」なぐらいこれまでの人生で映画がヒットしたことがなく、「映画って1800円もするし、行くの面倒くさいし、行ったところで周りの人が喋ったり揺すったり気が散って嫌な思いすることも往々にあるし、そこまでして見に行っても『良かった!』ってなる作品なかなか無いし、行かなくていいよね」って感じでした。その結果が年1回の映画体験。なるほど。

 

でもね、2016年1月に、大きな出来事があったんです。

pinktogray.com

 

好きなアイドルが書いた本が、映画化された………。

 

そう、ラジオで映画について熱っぽく喋り倒すサブカルアイドルの名前は加藤シゲアキ。アイドルグループNEWSにいる、小説家の人。「映画好きに影響された><」とか「映画に出演することになった><」とかじゃないんですよ。映画化されちまった。好きなアイドルは原作者。あ~~~大変なことだ。

そんなこんなで、私は映画「ピンクとグレー」をよくわからない回数見に行き(7回?8回?本当にわからない。)、「人生でこんなに足繫く映画館に通ったことはない」ほど通い詰めた結果「あれ?映画って意外といいじゃん」となったのでした。

 

映画館に通って気付いたこと①意外と行きやすい

そう、これ。映画館に通い始めてびっくりしたんですけど、私通勤経路に映画館があるんですよ。びっくりした。何にびっくりしたってその事実に3年間気付いていなかった自分にびっくりした。「乗換駅に映画館がある」とかじゃなくて普通に前を通ってるからね。そこまで立地が良いと、何が良いって仕事終わりに普通に観に行ける。今まで映画って「見る日を決めて、場所を決めて、時間を決めて、当日はその時間に合わせて行って…」というのがまぁ~~~面倒くさかったんですけど、「仕事終わり」という条件が付くことで逆に選択肢が狭められて良かったかもしれない。「今日レディースデーか、良い時間に見たいやつやってたら行こう…」ってピンポイントで調べて、仕事終わりにちょっと寄って帰る、みたいなことが出来るようになりました。あと映画って見てる間に飲食して良いから、(あんまやりたくないけど)時間がギリギリなときは夕飯代わりに、上映中にホットドッグ食べて凌ぐとかも出来るんだよね。

 

映画館に通って気付いたこと②意外とコスパが良い

学生時代に学割で映画を1,000円とかで見ていると、大人になってから倍近く払うのがなんかな~~って感じがあったんですが、実は映画って1,800円じゃないことの方が多かったりする。うちは福利厚生で映画の割引券が合って1,400円になったりするんですけど、前売り券利用すれば普通にそれぐらいだし、他にもレディースデーとか映画の日とか、ちょっとお得に見る手段はいくらでもある。あと「映画館に行くこと」に慣れて来ると、1,800円も別に高くない。大人になったってことかな~~~!?

 

映画館に通って気付いたこと③作品の打率は自分で上げられる

これが大きいかな。何本か見るうちに好きだった作品、好きじゃなかった作品というのが自分の中で蓄積されているので、だんだん「これは多分好きじゃないから外そう」みたいなのが出来るようになってくる。前は話題作を観に行ったり、勧められたものを観に行ったりしていたので自分としては外れっていうことも多くて、その「がっかり」がますます映画を遠ざけることになってました。今は話題作でも、「自分はこういう洋画は好きじゃないからこっちにしよう」とか、なんとなく「好きそう」なものを手繰り寄せられるようになった。とは言っても「前よりまし」ってぐらいで精度はまだまだなんですが、①と②の理由で映画館そのもののハードルが下がってるので自分にとってクリンヒットじゃなくても、「まあ次」と切り替えられるようになった。あとは「好きな映画監督」とか見つけられたら、良いのかな~~~どうなのかな~~~!?演劇を脚本家目当てに行くタイプのおたくなので、多分そっち方面から探った方が良さそうですね。がんばりま~す

 

 

こんな感じかな。それにしても映画見るようになってわかったのが、作品入れ替わるスパンが思っていた以上に早い!早い!!うっかりしてるとすぐ終わってるし、評判聞いて観に行こう~って調べると早朝OR深夜の2択、泣く泣く休日の朝7時に起きて映画館へ…みたいなことになる。上映回数が多いうちに楽に見たいならある程度アンテナ張っておかないと駄目だな…と思いました。あと前売り券ってちょっと安くなるけどオンライン予約で使えないから不便~~~って思ってたらそんな時代は結構前に終わってたっぽくて今はオンライン予約対応のムビチケが主流なんですね。すごいわ~~~!これもピンクとグレーのムビチケを買ったおかげで知りました。ありがとうピンクとグレー。

 

おわりに

映画って、趣味とするにはハードルが高いというか、私のようなザ大衆向け作品の方が好きなタイプは通に鼻で笑われる世界だと思っていたんですが、ようく見てみると「映画館」そのものにも種類があって得意分野みたいなのがあって、作品ラインナップで棲み分けがある程度出来てるのかな?とちょっと思いました。あと、通の人ってきっと私みたいな「大衆」はどうでもいいよね…そうですね…。そんな私が今年好きだった作品はシン・ゴジラ!ハイロー!ファンタスティックビースト!映画おたくの才能は多分無いけど、多分来年も「あ~~暇だな~~~そうだ映画行くか」みたいな生活は続くんだろうなぁと思います。映画館って意外と楽しいじゃん~~きっかけをくれた加藤さん!サーンキュッ!

 

24時間テレビ39のこと

にゅすほめ間に合いませんでした。

www.adventar.org

 

題材は決まっててもなんかね~~駄目だね!書き出しがわからなくて書けなかった!仕方ないのでカレンダー関係なく出来上がった時に公開します。ダメ主催で申し訳ない。皆さま本当にありがとうございました!

 

そんなこんなで、代わりという訳ではないですが、以前別の場所で書いた記事をこのタイミングでこっちに移して供養しようと思います。なんというか、これはちゃんと「2016年」のうちにモノとして残しておきたいと思ったので。今読み返すといつにも増して文章がとっ散らかっていて赤入れしたい気持ちも山々なんですが、とっ散らかってるところも含めて当時の感情かなぁと。そういうわけで、ちょっと気が早いですがNEWSくん2016年もありがとうございました!2017年も4人の活躍を楽しみにしています。

 

 

続きを読む

モーニング娘。13期があまりにもプリキュアでやばい #おたく楽しい

 

 

なんかもう個人的な前置きとかどうでもいいからとにかくこの画像を見てほしい。

 

f:id:shikishaa:20161223195813j:plain

これ何に見えます?私には前世で生き別れた姉妹が時空を超え宇宙を超えもう一度巡り合った奇跡の瞬間にしか見えなくて涙で前がよく見えないんですが、これ、モーニング娘。の13期メンバーが「同期」として出会った瞬間なんですよ。

モーニング娘。を、ハロプロを推し始めて丸6年が経とうとしている今、私の新しい扉をガンガンに開けてしまった13期。そのヤバさを今どうしても伝えたい。これが私のおたく楽しい2016です。

 

www.adventar.org

 

モーニング娘。13期のここがやばい

ハロプロ研修生歴苦節4年。ファンとメンバーが待ち望んだ"加賀楓"

f:id:shikishaa:20161223200727j:plain

ニックネームはかえでぃー。17歳の高校2年生で、研修生歴4年というのは今の研修生では最古参です。ジャニオタ的に言うとA.B.C-Zの五関さんかな?私はかえでぃーオタじゃないので詳しくないんですが、研修生の顔と名前をぜんっっっっぜん覚えられない私レベルのおたくでもかえでぃーだけは知っていた。私レベルの人間にも届くぐらい頑張っていた。歌良しダンス良し、正に即戦力の実力者のかえでぃー!面倒見が良くて、「ライバルを育てる」ことになるのに後輩を指導し、圧倒的に慕われていたかえでぃー!武道館でかえでぃーの名前が呼ばれた瞬間の大歓声が全てを物語っています。あなたがモーニング娘。になってくれて本当に良かった!

f:id:shikishaa:20161223201815p:plain

武道館での13期お披露目で涙したかえでぃー。かえでぃーの4年間が報われる世界で本当に良かった!!それしか言えない!良かった!!!!

 

ハロプロ研修生歴僅か2か月!?キュートすぎる超新星"横山玲奈"

f:id:shikishaa:20161223202115j:plain

13期発表の武道館当日、ちょっと小耳に挟んだんですよ。なんかやたらと可愛い研修生がいるらしいと。名前を横山ちゃんと言うと。へぇ~~~そうなんだ~~~と思っていざ武道館で13期が発表され、横山ちゃんが出てきたら。もうなんか「こんなに『可愛い』という概念を体現した女の子がいるのか」と衝撃を受けた。それぐらいもうやばい可愛い。可愛い。

f:id:shikishaa:20161223202857p:plain

この小さいお手てが私を狂わす。たすけてほしい。

そんな玲奈ちゃんは驚くことに(?)高校一年生で、かえでぃーとは学年一つしか違わないんですよ。しかし研修生歴はわずか2か月、腰かけ研修生。該当無しとして一度流れた一回目の13期オーディションに落ちて、研修生になった子。どんな女の子なのかこれから知るのが楽しみ!しっかし可愛い!!!

 

モーニング娘。史上初の”2人加入”があまりにもエモい

f:id:shikishaa:20161223195813j:plain

それでまたこの冒頭の写真に繋がるわけですが。二人はね、運命なんですよ。研修生歴4年のかえでぃーと研修生歴2か月の玲奈ちゃん。研修生時代(と言っても玲奈ちゃんは2か月)、大先輩の「加賀さん」と新入りの「横山ちゃん」だったのがこの、二人で出会った瞬間からお互いに「たった一人の同期」になった。これからは二人で13期として生きていく。楽しいことも苦しいこともすべて、二人で乗り越えていく。あまりにも熱すぎませんか?

しかもこの二人!!!よく見て!!!!よく見て!!!!!

f:id:shikishaa:20161223211859p:plain

 

f:id:shikishaa:20161223211958j:plain

そう。ふたりはプリキュアなんですよ。

 

 

でね。これだけじゃないの。さらに見て。

 

f:id:shikishaa:20161223212328p:plain

13期お披露目武道館で涙するかえでぃーと、にこにこ笑う玲奈ちゃん。

f:id:shikishaa:20161223212445p:plain

モーニング娘。メンバーと「13期」として対面し、涙するかえでぃーと玲奈ちゃん。一見クールに見える女の子と、その隣でニコニコと天真爛漫に笑う女の子。

 

私これ見たことあるわ。待って。

 

f:id:shikishaa:20161223212652j:plain

こうじゃない?

 

そんでもって

 

f:id:shikishaa:20161223212706j:plain

 

こういうことでしょ?

 

エモい。あまりにもエモい。二人で加入する、たったそれだけの事実でこれほどまで心を揺さぶる物語が生まれるなんて。しかもこの先、遠くない未来、二人はいずれ別々の道を行く。その時を想うと胸が張り裂けそうだけど、だからこそ全力で13期を推したい。13期はいいぞ。モーニング娘。'17は間違いなく最高だぞ。

それが言いたくて仕方なかった2016年の年の瀬でした。

 

最後に、皆さんが知りたくて仕方ないであろう情報を、かえでぃーが譜久村リーダーに聞いてくれたので共有します。

 

f:id:shikishaa:20161223214203p:plain

楓「(13期は)2017年から活動開始って…2017のいつからですか?」

譜「お正月じゃない?」

 

f:id:shikishaa:20161223214320p:plain

「え!?」

 

13期が加入したモーニング娘。'17の活動は、1月2日の中野サンプラザから始まるハロー!プロジェクト冬のコンサートツアーから!やったーーー楽しみだーーーー!!!!!

 

 

 

*参考動画*

youtu.be

↑45:57~ モーニング娘。'16 新メンバーお披露目(日本武道館

 

youtu.be

↑28:50~モーニング娘。'16新メンバーサプライズ映像

(13期がモーニング娘。加入を知らされる瞬間、互いに対面する瞬間、モーニング娘。メンバーと対面する瞬間など)

 

youtu.be

↑5:40~ 13期を迎えた武道館MC

 

関連エントリー

morningproject.hateblo.jp

#にゅすほめ & #おたく楽しい Advent Calendar 2016 飛び入り記事まとめ

みんな!2016年もNEWSを褒めてるかぁ~~~い!?!?

\いえーーーーい!!/

www.adventar.org

 

お前ら!2016年もおたくは楽しいかーーーー!?!?!

\うおおおおおおおおおお/

www.adventar.org

 

去年に引き続き今年も大盛況でお送りしている2つのアドヴェントカレンダー。大変ありがたいことに飛び入り参加していただいた方が沢山いるので、こちらでぜひ紹介させてください。今年も楽しい12月をありがとーーーー!!!!

 

#にゅすほめ 飛び入り参加記事まとめ

ほめ対象:歌のライブ感

lisakaiho.hatenablog.com

 

ほめ対象:ライブDVD「QUARTETTO」のメニュー画面

omuraisusususu.hatenablog.com

 

ほめ対象:小山慶一郎

penguinkawaii.hatenablog.com

 

ほめ対象:ライブDVD「QUARTETTO」通常盤

lisakaiho.hatenablog.com

 

ほめ対象:コンサート衣装

blog.livedoor.jp

 

ほめ対象:ライブDVD「QUARTETTO」初回盤

fulllove.hatenablog.com

 

ほめ対象:小山慶一郎

orangelily.hatenablog.jp

 

ほめ対象:NEWS

kazukazuki4news.hatenablog.com

 

ほめ対象:加藤シゲアキ

iwhyh.hatenablog.com

 

#おたく楽しい 飛び入り記事まとめ

テーマ:夢色キャスト

saltandsilt.hatenablog.com

 

テーマ:桐嶋郁弥(ハイスピード!)

okm-b-world.hatenablog.com

 

テーマ:御茶ノ水男子

nanayanyade.hatenablog.com

 

テーマ:モーニング娘。12期メンバー

lgc-24.hatenadiary.jp

 

 テーマ:朱と煤

stargaze.hatenablog.com

 

テーマ:ネーム交換

yunokihana.hatenablog.com

 

テーマ:同人誌(小説)

colorful | うすいほんはいいぞ。 #おたく楽しい

 

テーマ:欅坂46

cashewnuts.hatenablog.com

 

テーマ:BABYMETAL

hal-8.hateblo.jp

 

テーマ:宮野真守

colorful | 宮野真守の話をしよう #おたく楽しい

 

テーマ:Eテレのキャラクター

maromayubnn.hatenablog.com

 

テーマ:モーニング娘。13期

morningproject.hateblo.jp

 

テーマ:H2(漫画)

newstmkk.hatenablog.com

 

テーマ:A.B.C-Z

starstory04.hatenablog.com

 

 

ルルーシュとともに10歳年を取った

 

十年前、私は高校一年生だった。

入学した先の高校で順調に友人を作り、箸が転んでもゲラゲラ笑うような女子高生だった。クラスにはアニメ漫画好きな子が多く、ギャグマンガ日和が流行り「わたしとあなたは友達じゃないけど わたしの友達はあなたと友達」と誰もが歌えた。テスト前は教室で放課後に勉強し、そのことを「馬鹿の集い」と呼んでいた。その「馬鹿の集い」にいた友人に、福山潤櫻井孝宏のファンがいた。彼女らは「今度コードギアスっていうアニメが始まる」と私に教えてくれた。当時の私の主な興味は漫画で、アニメは好きな漫画原作の場合のみ例外だった。友人らは福山潤櫻井孝宏目当てにコードギアスを見ていて、12月頭に一緒に「ルルーシュの誕生日だから」とケーキを買って食べることになった。ケーキのプレートには「誕生日が近いから」という理由で一緒くたにされた阿部隆也おおきく振りかぶって)というキャラの名前も書くことになり、注文するときに色々とひよって「誕生日おめでとう るる&たかや」と書いてもらった。一体どういう双子だよという感じだが、「たかや」が「たくや」に誤字されたことも含めて鮮明に覚えている。これが私のコードギアスとの最初の思い出だ。

 

その二年後、つまり八年前、もう一度コードギアスが放送されると小耳にはさんだ。そういえばあの子たちが好きだったな、と思い出し「前回はどういうふうに終わったの?」と尋ねると「なんかスザクとルルーシュが銃で撃ちあって、ブラックアウトして半端に終わった」と返された。なんじゃそりゃ、意味が分からん。意味が分からないものの、時間帯が深夜から日曜夕方に移ったこと、高校三年生で「大学受験」の四文字が見えてきて現実逃避がしたかったこともあり第一話を見ることにした。それが、運の尽きだった。

コードギアス反逆のルルーシュR2に、私はどハマりした。どこをどう面白く感じたのか、どういう過程でハマっていったのか今となっては思い出せない。第一シリーズを途中まで見てR2を見て…と不完全な状態でハマれたのも今の自分からすれば考えられない。ただ回を重ねるごとにのめり込んでいって、のめり込んでいく途中で意図せず友人を巻き込んで(「コードギアスを見ている」という話をしていない友人から、ある日突然「しきちゃんなんでこんな面白いアニメ見てるのに教えてくれなかったの!?○○ちゃんからしきちゃんが見てるって聞いて私も見たよ!!」と理不尽に怒られた)、正体不明の「熱」が私と周りを覆っていった。毎週コードギアスを見るのが楽しみで、日曜日は図書館にこもって勉強し、夕方五時に間に合うように自転車をかっ飛ばして帰った。翌日の月曜日は友人らと大感想大会で、「どうなっちゃうんだろう!?」とこの先の予想を立てては外した。毎週毎週驚かされていた。主人公のルルーシュの、その苛烈な生き方を含む全てが大好きになった。そうして迎えた最終回の日、その日はたまたま両親が不在でリビングの大きなテレビを使って見る事ができた。友人と予測した最後はほとんど外れ、絶対にそんなこと起こりえないと思っていた事が起きた。物語にこんな終わり方があるのか。アニメを見て声を上げて泣いたのは後にも先にもこの日だけだった。翌日は友人と顔を合わせた第一声が「「ルルーシュが」」だった。昼休みに流れて来る曲の歌詞を「これってルルーシュじゃない?」と言って二人で黙り込み、別の友人に「重症すぎる」と引かれた。最終回が終わってから約二週間は、何をしていても突然涙が出てくる瞬間があり母親を心配させた。幸いにして大学受験に影響はなく、志望校には無事合格した。

 

あれから十年経った。女子高生だった私はもうすっかり良い大人で、趣味もなんだか色々変わった。ただ、時が経つほどに、コードギアスがいかに自分の人生に大きかったかを実感させられる。コードギアスを通じて沢山の人と出会った。別れもあった。楽しいことが沢山あった。失敗もあった。笑ったことも泣いたこともたくさんある。ただの一つのアニメ作品だが、その隣に私の人生がある。そして今日もまた、コードギアスを通じて出会った友人たち(もう5年ほどの付き合いになる)と十周年記念イベントのライブビューイングへ行った。イベントの中のダイジェスト映像でも号泣し、もうこれを超えるアニメ経験はこの先の人生にないと痛感した。「コードギアスを超えるアニメを見たい」とずっと言っていたのに、いつからかそれを諦めるようになった。作品の完成度とかでなく、人生経験としてコードギアスを超えるものが、おそらくもう無い。

 

だから今日、コードギアスの十周年を記念したイベントで「復活のルルーシュ」という新たな展開が発表されて私は嬉しかった。八年前に大泣きした当時の私ならば「そんなことするな」と苛烈に怒ったと思うが、何といってももう八年も経ったのだ。良い大人になった。八年間も好きにさせてもらった。だから製作陣にこそ、この先も「好きにしてほしい」。コードギアスを超えるアニメが私の人生に無いのなら、あとはもうコードギアスに骨を埋めるしかない。そう覚悟を決めた途端、なんだか笑ってしまいそうになった。一体私はコードギアスの何なんだ。コードギアスは一体私の何なんだ。本当におかしい。

 

 

ライブビューイングを見終わった帰り、「これからの十年もよろしくお願いします」と頭を下げて友人と別れた。いい挨拶ではないですか。これからもどうぞ、よろしくお願いします。

私が好きなハロプロの女の子たち

「しきさんが言ってる『加藤さん』ってハロプロの人かと思ってたよ」

え゛っ!?!」(加藤さん=NEWS加藤シゲアキ

 

ということがあったので、もうちょっとちゃんとハロプロの話もしておかないと駄目だな、そうだ!よく話す子のことは紹介しよう!と思いPCを立ち上げました。ハロプロ好きな人もっとブログ書いてくれないかな、という願いも込めて。みんな~~ハロプロはいいぞ~~!!

 

モーニング娘。'16 小田さくら(さくらちゃん)

f:id:shikishaa:20161106193056j:plain

私の世界一の歌姫。とにかく彼女の歌が好き。グループではかっこよく歌いあげる事の方が多いけど、しっとりと歌うバラードの方が個人的に好み。よく誤解されるけど可愛い方の声が地声。

さくらちゃんについて詳しくは3年前に書いたブログに→

モーニング娘。11期メンバー小田さくらちゃんについて語ります #YOME_LOVE - ラッコの海水浴

歌で惹かれたけれど、内面までとっても素敵な女の子だと改めて実感する今日このごろ。

 


DVD「モーニング娘。'16 小田さくらバースデーイベント~さくらのしらべ5~&尾形春水バースデーイベント」

ファン歴5年目にして一度もバースデーイベントが当たったことがない。とてもつらい。来年こそこの呪縛から解放されたい。

 

モーニング娘。'16 石田亜佑美(だーちゃん)

f:id:shikishaa:20161106193744j:plain

「俺の彼女可愛い!俺の彼女可愛い!」とだーちゃんの写真を夜な夜な貼っていたら、次第に周りからも「お前の彼女可愛いな」と言ってもらえるようになった。俺の彼女。だーちゃんといえば「ダンス」だと思うけどそんなことより私は彼女のコミカルで親しみやすいなんとも言えない可愛さ、自分が男子高校生だったら絶対に彼女にしたい感じがたまらん好き。


石田亜佑美 Blu-ray 「It's a Beautiful Day」ダイジェスト

っはーかわいい!!0:51とか最高に俺の彼女だから!!見て!!

 

 

モーニング娘。'16 生田衣梨奈(生田)

f:id:shikishaa:20161106194122j:plain

せっかくだから念願の写真集の表紙持ってくるか…と引っ張ってきたら強烈な「お前誰だ」感がぬぐえない。生田写真集おめでとう!!生田は本当に生き方が不器用で誤解されることも多くて「大丈夫か!?!?」と思わされる出来事がちょっと考えただけで3つは出て来るほどあちこちぶつかりながらこれまでの道を進んできた。でもここ1年ぐらい、ライブ中に「はっ!今の誰だ!?」→生田でした という出来事がすごく多くて、歌割が少なくても腐らず頑張って来たんだな~!とよくわかって嬉しい。あとボーイッシュキャラの工藤が最近ジャニオタに見つかりまくってるけど、個人的に工藤より生田の方がよほどステージパフォーマンス(特に表情芸)がジャニーズ。

www.billboard-japan.com

 

 

次のシングルは生田とだーちゃんをセンターにしたかっこいい曲が欲しいです!セクシーキャットも良いけどさ!


モーニング娘。'16『セクシーキャットの演説』(MORNING MUSUME ‘16[Sexy Cat’s Speech])(Promotion Edit)

 

 

 

カントリー・ガールズ 山木梨沙

f:id:shikishaa:20161106194644j:plain

顔が好き。

わかっている。梨沙ちゃんの魅力は顔だけじゃないって、歌だってダンスだって性格だって推せるところしかない。それでも言いたいのは一つだけ。顔が好き。

梨沙ちゃんの顔で私は自分に「好きな顔のタイプ」があることを知った。梨沙ちゃんの顔がめちゃくちゃタイプだ。梨沙ちゃんの顔になりたい。もう絶対に絶対に絶対に写真集を出してほしい。今すぐに出してほしい。本人にも言った。

 「ええっ私!?」じゃないよ!!!あなたです!!!!!!! 

f:id:shikishaa:20161106214652j:image

f:id:shikishaa:20161106214724j:image

そしてこの顔で溌剌系のお姉さんなのがたまらない。は~~~~梨沙ちゃんに生まれ変わりたい。

 

カントリー・ガールズ 船木結(むすぶちゃん)

f:id:shikishaa:20161106194706j:plain

カンガルは山木梨沙ちゃん推しで行こう、と思っていた私を引きずり降ろしてキンブレの色を緑から黄色に変えさせた女の子。キュートな小動物的ルックスとサイズ感にも関わらず、歌わせるとロックンローラーになってしまう一筋縄ではいかない女の子。このギャップが最高。


アプカミ#36 カントリー・ガールズ 「どーだっていいの」 ボーカルREC、ブラザーズ5、ラベンダー、中島卓偉、チャオベッラ、ビタスイライブ映像ほか (09/30/2016)

14:39~むすぶちゃんのレコーディング風景。なんで14歳でここまでロカビリーがハマるんだ。


カントリー・ガールズ『どーだっていいの』(Country Girls [I Don’t Really Care]) (Promotion Edit)

曲・MVともに今年のハローの中で一番好きかもしれない。めちゃくちゃおすすめです。

 

 

とりあえず今特に好きな2グループから計5人。ハローには素敵な女の子がまだまだいっぱいいるので、素敵に紹介してくれるブログが出てくると嬉しいなぁ。みんな!自分が好きな子のこと教えてくれ~~~!!

 

 

舞台ホイッスル!で15年ぶりに初恋をした

 

突然だが私はホイッスル!をこじらせている。

ホイッスル(以下笛)は1998年から2002年にかけて週刊少年ジャンプで連載されていたサッカー漫画で、今も女性人気の高いコンテンツである「テニスの王子様」と双璧をなす程の人気作品だった。私が笛に出会ったのは小5とかその辺の時期で、はちゃめちゃ拗らせた。おたくとしての自我形成は笛だった。あんまり長く語ると黒歴史しか出てこないので黙るけど、好きなキャラを聞かれたら普通モブレベル扱いされるようなキャラ名まで出てくる。それぐらい愛着がある大事な大事な作品だ。

 

そんなホイッスルが、最近のこのアラサー女性向けリバイバルブームに乗っかったのか何なのか、私の前に帰ってきた。それがこれだった。

 

f:id:shikishaa:20160904080914j:image

舞台ホイッスル! BREAK THROUGH〜壁をつき破れ〜

 

舞台化の第一報を聞いた時、「ついに来たか」と思った。2.5次元舞台のブームがついに笛のところまで届いた。それと同時に猛烈に不安になった。なんというか笛のメディアミックス=爆死不可避というイメージが強すぎて、ブームに乗っかろうとして乗っかれずにしょっぱい結果で終わる未来しか見えなかった。まだ役者が発表される前から虚ろな目でホームページを開き「だせえ」と頭を抱え、主催企業とスタッフを調べ実績にピンと来ず「もう無理だ」と寝込んだ。大好きな笛にまた黒歴史が追加されるかもしれない。 同じように笛を拗らせて生きてきた友人とお通夜のような空気を漂わせながらも、最速先行で申し込むことは決めた。

その後キャストが明らかになりビジュアルが明らかになり、あの椎名翼が北村諒とわかった。椎名翼はなんというか「初恋キラー」というか、もう「椎名翼を好きじゃない女はいるのか?」というほど人気のあるキャラクターで、強火のファンをめちゃくちゃ飼っている。もちろん私も大好きだ。そんな翼を演じるのが北村諒……。数少ない、私でも知っている若手舞台俳優。刀ステのライブビューイングで演技を見たことがある。

これは、ありかもしれない。

いや、やめよう。笛に期待するのはやめよう。そもそも翼は原作のこの段階では出ないはず。つまり客寄せパンダだ。

期待は全部押し殺し、戦地に赴く思いで仕事終わりに北千住へ向かった。下手なことしたらころしてやる。あと、絶対に絶対に絶対に舞台沼には落ちない。心には刺し違えるためのナイフと沼落ち回避のための鉄の鎧を用意した。席はやや前方よりのど真ん中で、観劇には120点の場所だった。

 

 

2時間後。

 

舞台はとても面白かった。そもそもまずサッカーをどう表現するのか不安視していたけど、キャストの動きに音が合わさればそこに無いはずのボールが見えた。目まぐるしく攻守が入れ替わる試合が、見ていて一番面白かった。ホイッスルがホイッスルとしてそこにあり、とても楽しかった。それが何よりも良かった。

そして一つ誤算があった。大きな誤算があった。

 

 f:id:shikishaa:20160904084116j:image

もう、無理だった。

渋沢先輩…………渋沢先輩………………渋沢先輩…………………………………………。

舞台が始まって間もなく、武蔵森が桜上水の後ろに一列に並んだ。その中央が渋沢先輩だった。薄暗いステージで後ろからライトで照らされて逆光で顔なんて見えないのに真正面にいる渋沢先輩は立っているシルエットだけで渋沢先輩だった。一人だけなんだかオーラが全然違って見えた。そもそも一列に並んでいる武蔵森の強そうオーラだけでクラクラしていたので、真ん中が渋沢先輩だからそう見えるんだろう……と思いたかった。幸い武蔵森の出番は前半はあまりなかったので、よしよしこのまま乗り切ろう。おっと不破くん結構いいな……落ちないように落ちないように……よしよし。乗り切ろう。乗り切ろう。

「武蔵森のキャプテンの渋沢だ」

渋沢先輩の最初の台詞。もう声からして完璧に渋沢先輩だった。やめてやめて。

「あの9番……そうか桜上水に行ったのか!」

あああああああああああああああああああああやめてええええええええやめてえええええやめてって言ったのにーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!なんで!!!なんでなんでなんで!!!どうして!!!!なんでたった一言で渋沢先輩の優しさが!人柄が!原作では2ページかけて説明している、「渋沢は名門武蔵森のキャプテンだが、3軍までいるような巨大な部の全部員を覚えていて気にかけている」という事実が!!!!たった一言で伝わってしまうの?!?!!!!!渋沢先輩……渋沢先輩!!!!!!私!!!!私あなたのことが!!!!!!

 

 

その後のことはあまり思い出したくない。ただもう渋沢先輩の一挙手一投足を「もうこれ以上はやめてくれ」と泣きそうになりながら見ていた。私の目は他のキャストをDVD画質で捉え、渋沢先輩だけはBlu-ray画質で捉えた。渋沢先輩だけが圧倒的に輝いていた。まだ舞台が、試合が終わる前から「絶対に渋沢先輩の写真を手に入れて帰らないと死ぬ」と思った。その結果が先ほどの画像だ。どうしても写真が欲しいのに、「格好良すぎて直視できない」と物販の一覧の前で友人の背に隠れて泣きかけた。これは初恋だ。15年前の初恋だ。その事実があまりにも辛すぎる。渋沢先輩はあまりにも罪だった。

 

私はもうホイッスル!の舞台に行きたくない。こんなもの拗らせたらもう生きられない。でも北村くんの翼が活躍する飛葉中戦が見たい。飛葉なら、間違いなくリア恋枠の黒川柾輝も見たい。それに東京選抜は絶対に見たい。私となおさんの初恋相手の英士くんが見たい。わちゃわちゃするU-14が見たいし、ソウル選抜戦は絶対に感動的だ。雪の中のフリーキック、最高だったなぁ。もちろんもちろんトレセンも見たい。結婚したいNo.1の山口圭介くんは登場できないかもしれないけど、九州選抜のカズさんとか昭栄とか見たいキャラはたくさんいる。どうか続編があってほしい。でもこれ以上渋沢先輩は見たくない。

ああ〜もうどうしたら良いんだろう? 渋沢先輩のことをどうにか忘れたい。でも忘れても、笛ステ続編に行ったら翼に恋をして、柾輝に恋をして、英士に結人に恋をして、更にまたノーチェックだったキャラに恋をしそうだ。

 

あーしんどい!本当にしんどい!だから私は絶対に人に舞台ホイッスルはオススメしません!初恋はあまりにもしんどいからな!みんな気をつけろよ!!!!!!